Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Live At The Apollo/Daryl Hall & John Oates


ダリルの病状を心配しつつ、今日はこちらを聴いてます。
apollo

「Live At The Apollo」 by Hall & Oates with Devid Ruffin,Eddie Kendrick

これは'85年5月、改装して再オープンしたNY・アポロシアターで行なわれたホール&オーツのライブアルバムです。アポロシアターといえばR&B,ソウルの殿堂として、数多くのアーティストたちが憧れ、また舞台を踏みましたが、ソウルミュージックをルーツとするホール&オーツにとっても憧れの舞台でした。そこで自分たちのライブが出来る喜びと興奮にこれでもかー!ってくらい包まれた、まさにHotなHotなライブ盤です。ジャケットを見てもわかるよね。まさにこんな感じで、ダリルもジョンも熱いパフォーマンスを聴かせてくれます。

そして何と言っても目玉は、元テンプテーションズのエディ・ケンドリックとデヴィッド・ラフィンとの共演部分。テンプテーションズは二人が子供のころから憧れた黒人ヴォーカルグループ。「LIVE AID」のDVDを見た方はわかると思うけど、エディとデヴィッドにリードを任せて、バックに徹するダリルとジョンの楽しそうでいて完璧なコーラスが楽しめます。ホール&オーツバンドの演奏も完璧。ロックからこういった古いソウルまで、幅広く演奏できるすごいバンドなんだと言う事に気づきます。
H&O二人でのパフォーマンスの中で印象的なのが、ジョンがリードを取る「POSSESSION OBSESSION」。ラストのフェイクが圧巻。
「Everytime You Go Away」も熱いぜ~。歌う前に「イギリスのアーティストがカバーしたけど、オリジナルはこっちだぜ」とか言ってる負けず嫌いなダリルが好きです(笑) 因みにカバーしたのはポール・ヤングくんね。私ゃポールくんよりダリルのオリジナルの方が、アレンジ的に好みです。
そしてサム&デイヴのカバー「僕のベイビーに何か」、これはジョンの濃厚な歌声が素晴らしい。ダリルにも負けず劣らずのソウル魂を感じさせてくれます。この頃の私は、ダリルよりもジョンの声の方が好きだったなぁ。だって色っぽかったもん^^ ダリルは今の声の方が、深みがあって断然好き。

このライブの後、「LIVE AID」等いくつかのチャリティコンサートに出演した後、H&Oは二人での活動を一旦停止します。そして3年後発表された「Ooh Year!」以降は自分たちの足元を見つめた、彼らなりのソウルミュージックを作り続けています。
そういう意味で、このアルバムは彼らの大きなターニング・ポイント。いつまでも忘れられない、大事な一枚なのでした。

しかし残念ながらこのアルバム、ただいま品切れ。再発しないかなぁ…
関連記事

カテゴリー:Hall&Oates

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

あまぐり ⇒ 再発してほしい。。

これもってないんです。
探したんですけど、オークションにもなかった・・(;;)
他のアルバムは紙ジャケの限定版とかまだあるのに・・これだけ・・売り切れ・・(;;)
廃盤になったビデオとか・・・DVD化してくれないかしら・・。

今日は通勤の車でずーとUKライブ聴いてました^^
(CDの傷は大丈夫でしたか?)

ダリルなかなか復帰しませんね。心配だけど、この際しっかり休養もとってほしいね。

  • |2005.07.06
  • |Wed
  • |22:22
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

とわ ⇒

いいよね~、このアルバム。。。
そっか再発されてないんだね。
「Everytime You Go Away」かぁ……久々に聞いてみたくなっちった。

  • |2005.07.06
  • |Wed
  • |23:33
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

RIKI ⇒ ダリルのその後

病名がやっと出ました。「LYME病」って、翻訳ソフトでは出なかったけど、医療関係の知人に聴いたら、風邪の様な症状が出て、肺等にも影響がでる病気だそうです。それじゃ声は出せないよねぇ;;
でもあっさり「治るよ」って言ってたし、早期治療でダリルも回復に向かっているようなので、一安心かな…

>あまぐりさん
↑というコメントをあまぐりさんちに入れようとしたら、エラーがでちゃったので、コチラに書きました。
過去映像のDVD化は、私も切望します。特にこのApolloライブは、世に残しておくべきかと。
ところであまぐりさんに業務連絡(?)があるんですが、おヒマなときにでも rbox55@infoseek.jp までメールください。うふ。

>とわさん
2.3年前に一度、紙ジャケットで再発されたんだけどね、あっという間に売り切れよ。「Private Eyes」や「H2O」はその後も再発してるのに。これも一緒にしてくれー!「Everytime~」、名曲だすよ♪

  • |2005.07.07
  • |Thu
  • |08:54
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

TOM G ⇒

心配ですが、大病じゃなさそうなので一安心、ですね。
どうも、初めまして!ダリルの件でサーフしてたら辿り着きました。
フリーのラジオDJ・TOM Gです。現在地は九州・大分です。
実はこのライブ盤、こないだ番組でかけたところなんですよ!
しかもメドレーまるごと!いや~カッコイイですよね~
僕とH&0との付き合いは・・・マイブログに書いてますので、よろしければご一読ください。
ではダリルが治ったら、快気祝いしましょうね!

  • |2005.07.12
  • |Tue
  • |12:53
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

RIKI ⇒ わお~!

TOM Gさん、初めまして。
FM大分のDJさんなのですね!(ブログ読みました)
こ、このよーなブログへお越しいただいて、恐縮です~
「Apolloメドレー」 まるごとon airしたんですか!太っ腹!
聴きたかったなぁ…
私は横浜在住なんですが、電波飛ばしてください><
TOMさんとH&Oとのお付き合いも、長いのですね。
ダリルにインタビューしたこともおありだとか…ばたっ。(倒)
私にとって彼らはいつまでも聴き続けたい、歌い続けて欲しい
かけがえのない存在です。
ダリルの快気祝い、きっとできます!是非やりましょう!

  • |2005.07.12
  • |Tue
  • |17:10
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ライヴ・アット・ジ・アポロ

Hall & Oates 「Live At The Apollo With David Ruffin & Eddie Kendrick」 (1985年)全4回に亘って Hall & Oates を取り上げてきたのもこのアポロ・シアターでのライヴを記事にしたかったからです。  1.Apollo Medley    ?Get Ready    ?Ain't Too Proud To Beg
...この記事を表示

  • このページのトップへ

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。