Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

2014.10.23 The Empty Hearts @Billboard Live東京 その1


ここでブログを始めて来月で丸10年。
趣味のあれこれを一人でぶつぶつ語れる場所が欲しい。
そしてそれを保存して老後の楽しみにするのだ。
・・・程度の緩い意気込みで始めたのだが、いつの間にか10年。
しかもこのような辺鄙な場所に来訪いただき、お友達になってくれた音楽ファンは数多く。
本当にみなさんありがとう。ますます老後の楽しみが増えました。

ブログ初期の頃にひとり孤独に盛り上がっていたバンド、それが愛するThe Cars。
リアルでは誰一人巡り会えなかったカーズファンの友達が、このブログのおかげで数人できた。
それぞれ私と同じ境遇、やはり周囲にファンはいなかったという者どうし。
ゆえにその団結力たるや、あっという間に強固なものとなり、
今となってはなくてはならない、大切な友人たちだ。
近くの友とは定期的に会って雑談会を開き、遠くに住む友とはその地に足を踏み入れたる場合
やっぱり会っておしゃべりを・・・w
そのように親交を深めてきたが、ただ一つ私たちが実現したくてもできないことがあった。
それはカーズのライブを一緒に見ること・・・

数か月前、突如として知った。なんで知ったんだっけ?FBかな?
カーズのギタリスト、エリオット・イーストンが新規バンドに参加し、
アルバムが出る、しかも日本盤も!
そして来日もする・・・と!
こりゃもう、行くしかないでしょ!エリオット一人だけでも来てくれるなら!
彼の生ギター、聴きたい見たい!
これを逃したら、もう一生カーズのメンバーには誰にも会えないかもしれない!

ちゅーことで、カーズファン4人で参戦してきましたよThe Empty Heartsのライブ!
その前に・・・

The Empty Hearts(ジ・エンプティー・ハーツ) プロフィール
theemptyhearts01.jpg
ロック黄金期70/80年代にスーパーバンドと言われていたザ・カーズ(The Cars)のエリオット・イーストン、ブロンディ(Blondie)のクレム・バーク、ロマンティックス(Romantics)のウォーリー・パルマー、チェスターフィールド・キングス(The Chesterfield Kings)のアンディ・バビアックによる新バンドのデビューアルバムが完成。
ラモーンズやトーキング・ヘッズなどを手掛けたEd Stasiumもバンドとともに共同プロデューサーとしてプロジェクトに参加している。50年代ロック、60年代ブリティッシュインベイジョン、70年代ガレージロックなどの要素が入り、共に時代を切り抜いてきた彼らのどストレートなロックサウンドに仕上がっている。アルバムはニューヨークのロチェスターにあるFab Gear Studiosにてレコーディングされ、有名キーボディストのイアン・マクレガンも参加。各バンド時代から友人だった彼らが長い時を経て、また新たなバンドとしてここに集まった。自称ロックンロールの生き残りとして集まった彼らの化学反応がいかにして起こるのか。

「我々が共に受けてきた影響がまたこうやってひとつになり、懐かしくも新しい音楽になる。
A lot of people have never heard or seen a band like this.」
クレム・バーク(ブロンディ)談
日本コロムビアより



ライブ本編(その2)へ続く!


エリオットかっちょいいぃ♪

関連記事

カテゴリー:The Cars

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。