Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Jesus & Mary Chain Live @ 渋谷クアトロ


3週間も前のライブの感想、いまさら書くの巻き。読んで喜んでくれる方はもうあまりいないだろうケド・・・^^;
サマソニの翌日、8/11、ジーザス&メリーチェイン(JAMC)の渋谷クアトロ。
既にもう音楽雑誌などでサマソニのレポが上がってきているが、ちらりと読んだ限りでは彼らのライブへの感想はごくありきたりな、当たり障りないものだったような・・・同時代の再結成組ということでマイブラあたりと比べて述べられていたりすると、JAMCはやや分が悪い。(マイブラが素晴らしすぎたらしいから・・・?) 確かに「すごい!感動した!」っていう系統のライブではなかった・・・なんていうか、感想が少々述べ辛いというか、何と言えばいいのか良くわからないと言うのが正直なところだった。でもなにかがひっかかる。心にひっかかる。それがナンなのか、この3週間ずっと考えていたらこんなに時間がかかってしまった・・・

ライブはサマソニと同じく1時間少々、セットもほとんど同じ(クアトロが1曲多かったかな?)、MCもほとんどなく客席と積極的にコミュニケーション取ろうとはしないリード兄弟。お客も目当ての曲のイントロが流れると「うおー」と盛り上がるのだが、会場が一つになるというものではなく、終始微妙な空気が漂っていた。

でもそんな空気を意に介することなくステージの彼らは淡々とこなしていた。残念だったのは時おりベース音がひび割れ、ジム・リードのヴォーカルが聞き取れなくなったこと。クアトロは決して音がいいスペースではないから仕方がないか・・・サイドギターもなんだかこの日は調子が悪かった。うーん微妙な空気はやはりこの音の悪さのせいだろうか・・・でもともするとグダグダになりそうな音を、ドラムがタイトなリズムで引き締めていた。

一番盛り上がったのはサマソニ同様「Just Like Honey」だった。あのイントロにはやはり心がキュンとなるよね。それから「Side Walking」、「Darkland」。ラストの「Reverence」では♪I wanna die~と合唱もおき、サイケな音の奔流にみんな身を任せていた。
終始クールなリード兄弟だったが、ジムは時折「サンキュ」とつぶやき、ウィリアムは呼びかけに答えてチラリと手を振った。サマソニでは兄弟が声を掛け合う場面はなかったが、この日は少しだけコンタクトしていた。「次なに?」「アレだろ」みたいな短さだったけど、噂されていた不仲な雰囲気は漂っていなかった・・・と思う。でも緊張感はそこそこ感じられた。それは常にヴォーカルのジムの横顔から感じ取れた。

ジムは歌いながらずっと前方を見据えていた。どんなに名前を呼ばれても、客席にはほとんど目をやらなかったと思う。目を閉じて自分に没頭するわけでもなく、ただひたすら前方を、どこを見るでもなく見ていた。その目がとても冷ややかでキレイだった。
私がこの3週間ずっとひっかかっていたものは、この彼の目だ。一体どこを、どんな虚空を見つめていたんだろう・・・それが気になって仕方ない。

JAMCは今後一体どうなるんだろう。このままツアーを続けるとは思いにくい。彼らのプライドから考えても、いつまでも懐メロツアーをやるとは思えない。新しいアルバムを作るんだろうか?(一応作成中というアナウンスはあるけど)
だからあの日ジムが見つめていた先がとても気になる。彼には道すじが、自分の未来が見えていたんだろうか。

後から知ったのだが、ドラマーは元Ride、ベースは元Lushだそうだ。コクトー・ツインズのロビン・ガスリーもギターでサポートしたことがあるそうだ。リード兄弟はグラスゴーの引きこもり兄弟なんて言われてるそうだが、実はしっかりした人脈を持っていたのね。(もっとも今、兄のウィリアムはアメリカに住んでいるそうだが)


なんだかいつもとちょっと違う文体で書いてしまいました。でもJAMCに関してはおちゃらけられない何かがあるような気がしたのよ、それがナンなのかはやっぱり今でもわかんないんだけどね~
関連記事

カテゴリー:らいぶ

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

メリベル ⇒ 未来は

RIKIさん、こちらのレポはまた趣きが違うのね。私も真摯な気持ちで読ませていただきました。
Jimは何処を見つめていたのでしょう。何となくその目の感じが想像できました。なんだか深い人だよね。日本にまで来て、夜の渋谷、狭いハコの中、歌いながら何を考えていたのだろう。
あのね。Player誌の今月号に彼らの唯一のインタビューが載っているんだって。明日買いに行こうと思ってます。何かそこから少しでもその目の先に追っていたもの、掴めるかな。難しいけど。私はなにかサマソニの夜から、また彼らの音を追っている自分がいます。また音楽を信じられる気持ちを抱かせてくれて、彼等に感謝です。

  • |2008.09.03
  • |Wed
  • |18:52
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

RIKI ⇒ こちらにも

コメントありがとうメリさん。認証はずして正解でした♪(でも承認制にしています。だってスパムが飛んでくるのよ~)
サマソニレポのコメントにも書いたけど、時間がたっていろんな思いが濾過されて、こんな感想になりました。ジムの横顔と目ばっかり思い出されるんだよねぇ・・・どうして?
Player買ってきます! 何を語ってくれてるんでしょうか?
音楽を信じられる気持ちって素晴らしいね。メリさんのように彼らにきっかけをもらった昔のファンは、あの日のクアトロにもきっといたと思います。

  • |2008.09.03
  • |Wed
  • |20:33
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。