Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Daryl Hall & John Oates Live最終公演


b_34.jpg

えー、今回もホール&オーツの記事、興奮と熱狂の坩堝と化した、
3.21渋谷公会堂最終公演の巻です。
あれから早くも4日たったけど、あの熱気と楽しさはまだ身体に残ってます。
まずはセットリストを。

【3/21 渋谷公会堂】
1. Maneater
2. Let Love Take Control
3. Do It For Love
4. I'll Be Around
5. Family Man
6. Don't Turn Your Back On Me
7. She's Gone
8. Someone Like You
9. You Make My Dreams
10.Rock Steady
11.Can't Get Enough Of Your Love
12.Love TKO
13.Sara Smile
14.I Can't Go For That
15.Without You

EN1
16.Rich Girl
17.Private Eyes

EN2
18.Out Of Touch
19.Ooh Child

この日はH&Oの記念すべき100回目の来日公演だっだのよ。
なもんで、ダリルもしょっぱなから「100回目だ!今日はいつもと
ちょっと違うぞ!」とか言っちゃって私たちを煽る煽る(笑)
それでなくても最終公演、始まりのアナウンスが流れ出した時点で
もう客席は拍手喝さい。
AWBの「Pick Up The Pieces」のBGMに乗ってメンバーが登場したとたんに総立ち!
「うわ、今日は皆なんか違う!」と、私ももうここからヒートアップ!

その熱がさらに温度を増したのが5曲目の「Family Man」!
今ツアー初披露?てか聴くのも久しぶり!
その後「Don't Turn Your~」、最新アルバムの彼らのオリジナル曲で
私が一番好きな曲。
これがここで聴けるなんて~ハッピーな曲だけど号泣もんよTT
そして「She's Gone」、前日に引き続き「Someone Like You」と来て
しっとり泣かせた後、キーボードの前に移動したダリル。
「あ、Wait For Me?」と思い一呼吸しようとした私たちを見てニヤリとし
(私にゃそう見えた)、いきなり始まったのが「You Make My Dreams」!
いつもアンコールの盛り上がり定番曲だけに、ここで出てきてびっくり!
やられたー!とばかりに客席みんな10センチぐらい飛び上がりました(笑)
そこからの盛り上がりはすごかった!
「Rock and Soul ダンスパーティ」となっちゃった!
「Rock Steady」では両手を挙げて横にフリフリ、HipでHopなノリですよ!
老若男女みんなでフリフリ♪これは壮観だったなぁ。ちゃんと挙がってない(挙がらない?)人もいたが(笑)
ステージの彼らも客席も一体となって、イッてしまいましたね~~~♪
ダリルも超ゴキゲンで踊ってたよ~。ちょっと不思議な踊りだったけどね~^^

そして一気に熱くなったまま、本編最後まで突き進みました。
アンコールはもう訳わからん状態だった私。頭の線が数本切れてたのかも(笑)
「Private Eyes」はいつもより高い位置でパンパンやったよ。ああ満足♪
でも「Out Of Touch」が始まると「あーもう終わりだぁ」と、そろそろなみだ目になり、
最後ダリルとジョンが並んでギターを構えたので、「You've Lost~」かと思いきや、
なんとジョンのリード曲「Ooh Child」のイントロがー!!!
隣のおねぇちゃん(どうやらジョンファンだったらしい)が泣き崩れてるのを感じて、
私も一緒にもらい泣き~TT
アルバムを聴いてた時から、一度生で聴きたいと思ってたジョンの歌が、
最後の最後聴けるなんて…
粋な計らいしてくれるじゃないの!!!号泣しつつ、続く…
最後はいつもの様に最前の人たちと握手握手。そして全員で肩を組んでご挨拶。
この時まだ握手に夢中で列に戻らないジョンを、ダリルがずっと手招きしてまして(笑)、
やっと戻ったジョン、ダリルの腕の下にすっぽり収まったのを見て思わず
「小さい…かわいい~^^」とか思っちゃった。
この日が一番ステージに近い席だったので(10列目)昂奮しつつも
細かいところが色々見えました。
チャーリーの年季が入った、でもピッカピカなSaxとか、
シャウトすると顔がまっかっかになるダリルの様子とか、
そうやって熱唱するダリルの横で、お客さんを見回して小さく手を振ったり、
笑いかけたりしてるお茶目なジョンとか。
それからね、間近で見るとやっぱりカッコいいですよダリル様!
カッコいい男のオーラが出てましたよ!
今までそういう目で見てなかったんだけど(曲が聴ければ満足なファンでした)、
今さらながら惚れました!参ったねこりゃ(笑)
それから何と言っても彼の声はすごい。
声量がありすぎるせいか、歌い上げるときはわざと口をマイクから外すんだけど、
そうすると肉声が聞こえるんですよ!これはもうトリハダもん~
表現力とかそういうのも言うまでもなく。ただただすごい。
言葉を失くすほどです。
そして一番大事なことは、あの一体感を作り出せるところ。
彼らはいつも「聴き手の心に直接響く歌。それが自分たちのソウルミュージックだ」
と言ってるけど、それを体感できたのが嬉しかった。
言葉の壁も国境も、何もかも飛び越えて響いてきた、
彼らのソウル。
音楽の力ってすごいと、心から思いました。

ホール&オーツは結成して30数年。
こうして二人とも元気に活動してくれるのが、もう奇蹟に近いことかも知れない。
さらにバンドメンバーのT-Bone氏とチャーリー氏も70年代後半からずっと
サポートしてくれてます。
年齢とか考えるとあと何度来日してくれるかわからない。
でも一回でも多く来て欲しい。
だからどうかみんな元気でいてね。
と、ステージを後にする彼らを見ながら心の中で願いました。
関連記事

カテゴリー:Hall&Oates

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。