Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

HOWL / Black Rebel Motorcycle Club


ただいま個人的に「黒祭(くろまつり)」展開中ー(笑)
なんのこっちゃと思われるでしょうが、1月のライブが楽しみでしょうがない、でもまだ曲を覚えきってないので聴きまくって頭に叩き込み中のBRMC祭でございます。
はっ!今年ももう終わりだなんて書いてしまったのは、単に早く来年が来てほしい・・・1月11日になって欲しいという気持ちの裏返しに過ぎないのかも。われながら単純やな~

ハウル(期間限定) HOWL
Black Rebel Motorcycle Club (2005/09/21)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る
と言うことで、ヘヴィロテ中なのはこれ。BRMCの3枚目のアルバム「HOWL」。前2作(と言っても2枚目はまだ未聴)と趣向がガラリと変わり、ブルース・フォーク・カントリーなどアメリカのルーツミュージックを探求・肉迫してみせる意欲作。全編アコースティックサウンドながらも、むき出しの声とギターサウンドに圧倒されます。

実は2作目をリリースした後レコード会社の契約を失い、新たな契約先も見つからぬままレコーディングに入ったとか。何の制約も受けず(保護も受けず、だけど)製作できたからこそ、こんな濃密な作品が生まれたのかもしれないな・・・と思います。
おまけにドラマーのニックが一時脱退していた時期でもあるのですが(レコーディング後半には戻ってきて一件落着)、そういった逆境にめげずわが道を貫けるタフさが感じられ、作品によりいっそう感動を与えている気もするよ。もっともそういうセンチメンタリズム抜きにもすばらしいアルバムです。大人のロックファンの鑑賞にも十分堪えうると思うよ。

私はギターのピーターの声が大好きなので、どうしてもピーターが歌う曲がすきなのですが、ここでも一番好きな曲はM-3「Davil's Waitin'」、M-4「Ain't no Easy Way」、M-6「Fault Line」など。声を伸ばしたときビミョーに入るビブラートがセクシーでたまらんのよね(笑)
ロバートの声もピーターによく似ているんだけど、ビブラが入らないんだわ。でもまだ聞き分けは全然できてないけど^^;(ダメじゃん)
ロバートの歌う曲ではM-7「Promise」やM-10「Gospel Song」かな。どちらも聴いてるとカントリー・マームが食べたくなるのはなぜ?(す、すんません) 胸の真ん中があったかくなるような、沁みる曲です。

最後にyoutubeより最高にかっこいいTVライブ映像を。
Ain't No Easy Way ・・・Wボトルネックギターですよ!た、たまらん!これライブで聴きたいぃぃ(二人ともボトルは小指にはめるのね)
Devil's Waitin' ・・・ピーさんの弾き語り。あたしゃこういう佇まいで歌う男に弱いのじゃ~

クリエイティブマンによると、ライブは2時間超のロングセットになるそうですよ。HOWLからの曲も聴けるといいな。
チケットはどうやらSoldoutぽいです。追加が出るとよいなぁ。
追記*ぴあなどでまだ若干残っているようです。行きたい方は急げー!
追々記*渋谷DUOはSOLD OUTです!12/2に追加公演のチケット発売だそうです。
関連記事

カテゴリー:BRMC

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。