Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

LA-PPISCH - レピッシュ


やっと調子が出てきたぞー!ってことで、テンション上がってるうちに連続更新でございます。

先週、外食中のレストランで、ヒジョーに懐かしいナンバーを耳にしました。以来頭の中をぐ~るぐる。ついにはラックの奥底にしまいこんでたCD引っ張り出してヘビロテってました。
Karakuri house

KARAKURI HOUSE / LA-PPISCH

MAGUMI(vo&tp)、杉本恭一(g&vo)、上田現(key&sax&vo)、雪好(dr)、TATSU(b)というメンツにて、80年代半ばより活動をスタートさせた名ロック・バンド。ニューウェイヴ/パンク/テクノ・ポップ/スカ/サイケ/オールド・ロックと、実に豊かな音楽性を有する。そして、それらを彼ら特有の強烈な個性でもって料理したサウンドは、言うまでもなくワン&オンリーな輝きを放つ。

レピッシュですよ~!
洋楽をぱったり聴かなくなった頃にハマってました。カッコよかったんだよね~
私が持っているのは89年の3rdアルバムで、ここからは「RINJIN」というシングルがCMとのタイアップでヒットしました。多分聞けば「ああ!」って思う人多いはず。
youtubeにPVも上がってるよ。⇒ RINJIN
なまえもしらずにあいさつするのさりんじーん♪
な、なつかすい・・・なんか泣けてくるくらい久々に見たわ(笑)
この曲は比較的パンキッシュなポップソングだけど、アルバムには屈折&サイケ&倒錯的な曲が満載です。
お気に入りは「RINJIN」の他には「28歳」、「非情階段」、「おやすみ」「歌姫」などなど、上田現さんが作るシュールな詞がすごい好きで、影響受けてたなぁ。「RINJIN」はMAGUMIさんと杉本さんの曲です。

ちなみにこのアルバムはニューヨークのユートピアスタジオという所で録音されてます。プロデューサーはそのスタジオの所有者・トッド・ラングレン。なぜトッドさんがレピッシュを・・・?と、当時からはてなマークが頭ン中をぐるぐるしてたけど、今でもやっぱりぐるぐるするよ(笑) ま、場所を貸してあげただけって感じなのかな?だから音はとてもクリアでよいと思うよ。

それからもう一枚。これは彼らのデビュー曲。
パヤパヤ~♪

パヤパヤ / LA-PPISCH
実はレストランで聴いたのは、この「パヤパヤ」でした。これもCMタイアップでそこそこ売れたよね。でもすっかり記憶の彼方にありましたよ・・・。
PVはこちら。これも懐かしくてちょっと恥かしい(笑)⇒ パヤパヤ
なぜレストラン(の有線)でかかってたのかが気になって、ちょっと調べてみたら、こんなのが発売されてたよ!!!
SPACE SHOWER ARCHIVE レピッシュ LIVE 9093 SPACE SHOWER ARCHIVE レピッシュ LIVE 9093
レピッシュ (2007/01/26)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

90年から93年のライブ映像ですと!うおーーー!欲しいぃぃぃ!!!

ちなみにレピッシュは解散したわけではないけど、今は活動休止中だそうです。上田現さんと雪好さんは脱退してしまいました;; 現さんはソロ活動の他に元ちとせさんの「ワダツミの木」の作詞作曲や、KEMURIの伊藤ふみおさんのソロアルバムなどを手がけているようです。

そうそう、ベースのTATSUさんは何年か前にケミストリーのライブをサポートしてた。髪型が弁髪だったせいか、少々浮いてたな(笑) でもあそこでTATSUさんやー!ぎゃー!と興奮してたのは、明らかにワシだけでしたがね^^;
関連記事

カテゴリー:おんがく-CD感想

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。