Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Home For Christmas / Hall & Oates


ひと足早いクリスマスプレゼントが、この週末届きました。

Home For Christmas / Hall & Oates Home For Christmas / Hall & Oates
ダリル・ホール&ジョン・オーツ (2006/11/18)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る
↑画像がぼけとる・・・;;
試聴⇒ Victor Entertainment

2004年10月リリースの『アワ・カインド・オブ・ソウル』に続くホール&オーツの新作は、初のクリスマス・アルバム!クリスマスの定番曲の数々をホール&オーツが“ソウルフル”にカヴァー。ソウルフルで温かみのあるハーモニーが、極上のクリスマスを演出!カヴァーだけでなく、オリジナルのクリスマス・ソング(新曲)も2曲を収録!(HMVより)


ということで、ダリジョン待望の新作はこの時期ぴったりのクリスマスアルバムです。
公式サイトで試聴していたので、大体の雰囲気は掴んでいたのですが、全曲聴いてみた感想は
「想像以上によい!!!!!」でしたー!
収録曲は以下の通り。
1 Overture/First Noel
2 It Came Upon A Midnight Clear
3 No Child Should Ever Cry On Christmas (ジョンオリジナル)
4 Everyday Will Be Like A Holiday
5 Home For Christmas (ダリルオリジナル)
6 Son Of A Carpenter(Christmas Must Be Tonight)
7 Children Go Where I Send Thee
8 Mary Had A Baby
9 The Christmas Song
10 Jingle Bell Rock
11 Oh Holy Night
12 One On One(Live)*Bonus

作者不明の、誰でも1度は聴いたことのあるトラディショナルソング、クリスマスのスタンダードナンバー、それからダリルとジョンの2曲のオリジナルで構成されておりますが、どれもこれも、どこから聴いても「ダリジョン節」に溢れています。
ソウルやアコースティック、ロックにジャズテイストなど様々なアレンジが施されているけれど、それでもちゃんと「ホール&オーツだ!」と感じさせるところが凄い・・・
しかもダリルのヴォーカルの伸びがまたすごいのよ。1曲目から存分に凄さが味わえます。正直、感動のあまり泣けてきたもん「The First Noel」。凍てついた冬の空に、どこまでも響き渡りそうな澄んだ歌声・・・;;

ほとんどの曲をメロディだけ残してアレンジしなおしてるって気がしますが、こういうのってたぶんアレンジセンスがモノを言うよね。共同プロデューサーもやっているT-Bone氏と、Greg Bieck氏が、ダリジョン本人よりもホール&オーツらしさを熟知して、そこをうまく伸ばしてアレンジしているんでしょうね~(確かOur Kind Of Soulもそうだったんじゃなかったかな?)
凄いのはダリジョンだけじゃなく、ダリジョンチームみんなだと言う事だね~。うーん、鉄壁のチームワークだわ。

まだ何度も聴いた訳じゃないけど、曲の感想をちょこっと。
お気に入りは強いてあげるなら1、3、5、9、11。原曲が好きだという事もあるんですが(笑)
それぞれのオリジナルは二人とも「らしさ」が出ていて(特に詞に)、とても好きです。こーなるとオリジナルアルバムも聴きたくなっちゃうけどね^^;
9の名曲「The Christmas Song」はジョンのヴォーカルですが、Jazzテイストでめっちゃ好き。スモーキーなジョンのヴォーカルとチャーリーのサックスが大人の色気を感じさせますね~。クリスマスソングなのにエロイとわこれいかに(笑)
11の「Oh Holy Night」も大好きな曲。ダリルの渾身のヴォーカルが胸をうちます。でも感情過多になってないところがよいです。でもこれ、ダリルの声量がありすぎるのか、iPodだと音が割れます~;;メーター振り切れてるんだろうか?(笑) スピーカー通すと気にならないんだけどね。
「Jingle Bell Rock」も入ってるのが嬉しいね。軽いロックテイストで、ちゃんとアクセントになってるね♪
「 Children Go Where I Send Thee」はライブでやったら盛り上がりそうな楽しい曲になってます。
あ、ちなみにライナーノーツはファンにはおなじみの東郷かおる子さまです。

そうそう、昨日CDショップに行ったらクリスマスコンピのコーナーが出来てまして。ダリジョンのはそこにはなかった・・・むぅ。
そこらの安易なコンピを聴くぐらいなら、このアルバム聴きなさい!とその辺にいる見知らぬ人々に、言って回りたい衝動にかられました(笑)
それからちょっと気になったこと。
1曲目の「Overture~」とラストの「Oh Holy Night」のイントロを同じにして繋がりを持たせた演出になっているのだから、ボーナストラックは不要じゃないかと思いましたねぇ・・・
「One on One」好きだけどさ・・・;;
ボートラってどーーーーーしても入れなきゃならんもんなのだろか?

最後に、ライナーの東郷さんによると、本国では大手CD販売業者Transworld社傘下の販売店でのみ購入可能で、ダウンロード購入は不可だそうで。そして売り上げの一部は子供のための慈善団体「Toys For Tots」に寄付されるそうです。日本ではビクターさんから出ているので、ショップでもネットでも購入可です。
関連記事

カテゴリー:Hall&Oates

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

あまぐり ⇒

やっぱ、泣けた?
もう、ねえ。。すごいわ・・。
去年、私のイケメンさんのクリスマスアルバム聴いたとき、これが人生最上のクリスマスアルバムだと、確信したんだが・・。
昔からの男達はやはり侮れなかった・・あううう。こんなに極上のクリスマスプレゼントをくれるとは・・。ねえ。
このアルバムのボートラはいらんよねぇ・・みなサン、思うことはおんなじね。
私自主的にIL DIVOの O HOLY NIGHTをボートラにして、車用のMDにしました。へへへ。 一度で二度おいしい。ふぉふぉふぉ。

  • |2006.11.20
  • |Mon
  • |21:06
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

RIKI ⇒

あまぐりさん
いやー、こんなにジンワリくるアルバムは久々でした。

昨日の夕方、土手をチャリで飛ばしている時「Oh Holy Night」がiPodから流れて、前が見えなくなりそーだった~。泣きながら走る怪しい女・・・(笑)
ダリルが元気になってよかったね;;

>IL DIVOの O HOLY NIGHTをボートラにして
それ、Good Idea!! ワタシは何をボートラにしようかな?^^

  • |2006.11.21
  • |Tue
  • |10:00
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

porapora ⇒

ううう、感動のアルバムが…まだ来まへん。
「在庫アリ」だったから一緒にオーダーしたアラン・ゴーリー氏のソロアルバムが
4~6週間遅れるらしく(なんで?)、
Home For Christmasは先に送ってくれるはずだったのに、
今見たら未発送になってるしなーアマゾン。
またメールしなきゃ…クリスマスに間に合わんよ;;

  • |2006.11.21
  • |Tue
  • |15:19
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

RIKI ⇒

poraさん
ありゃ。ゴーリーおじ様に引き止められているの?
最近たるんでないか?あまぞんさん。
クリスマスまでに届かなきゃダメだよー!

主観たっぷりに感想書いちゃったけど、一番言いたいことは
「元気でいてくれてありがとう」
これに尽きるんだ、本当は。でもだりるの声はほんとにすんばらしいよ~;;
クライド・ジョーンズさんもコーラスで活躍しています。

  • |2006.11.21
  • |Tue
  • |17:13
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。