Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Porcupine / Echo & The Bunnymen


涼しげなジャケットシリーズ。とか言って、本日もエコー&ザ・バニーメンでございます。
Porcupine Porcupine
Echo & the Bunnymen (2004/01/27)
WEA International
この商品の詳細を見る
3rdアルバム「Porcupine」。これはまだ日本盤もあるようですが、あまぞんでは何故かジャケットが表示されないのでEuro盤を。
酷寒のジャケットはアイスランドで危険と隣りあわせの決死の撮影だったとか。この大自然の脅威がアルバムの迫力にぴったり。LP時代はその美しさに感嘆したものですが、コンパクトなCDじゃ迫力は半減以下だね~。

前作で「ネオサイケデリア」と言えば「バニーメン」ということが認知された彼らが、さらにそのサイケ度を推し進め、いよいよ孤高の境地に達しているのが本作。初めてのヒット曲「Back Of Love」収録のため、セールス的にはこちらの方が上なので、これを彼らの代表作と呼ぶ向きもあるようです。
まず1曲目の「The Cutter」のイントロのバイオリンの音色にハッとさせられるけれど、これはインドの音楽家シャンカールによるもの。サビの部分にはホーンセクションなども入り(これはプロデューサー、イアン・ブロディのアイデアだとか)、新たな境地を感じさせます。続く「Back Of Love」はバニーメンにしては珍しいポップな(でもかなり激しい)ロック。ヒットした理由がわかる曲だね。
でもそれ以降の8曲はいつもの彼らに戻っている。つまりポップ色強い曲は頭2曲だけなのです。
だからこのアルバムはまとまりに欠けるとも言われているけれど、相変わらず最後まで一気に聴ける、バニーメンらしいアルバムだと思います。
この作品ではエキゾティックな音階も取り入れ、更に妖しい世界を作り出しております。(『The Cutter』のイントロがその証)
こうして自らが切り拓いてきたネオサイケな旅は、ここに頂点を極めるわけですが、この旅路はこれにてあっさり終了させ、この後のアルバム「Ocean Rain」ではガラリと方向性を変え世間をビックリさせます。あたしは当時、めちゃくちゃ驚いたものです…え~そっち行っちゃうのかよ~うっそ~みたいなね。

因みにイアン・マッカロク氏が挙げる好きなアルバムは順に「Ocean Rain」、「What Are You Going To Do With Your Life?」、「Porcupine」だそうですが、私はこの「Porcupine」が一番かな。行き着くとこまでイッちゃってる感、ナイーブ&ロマンチックな面、それと時折見える狂気のようなものにどーしようもなく惹かれてしまうのよね・・・

お気に入り曲は全曲ですが強いてあげると、「Ripeness」「Clay」「In Bluer Skies」。他にもポップなメロに不可思議なトラックがついた、尻座りの悪~い曲(笑)ばかり並んでいるところもツボです。
ラストの「Never Stop (Discotheque)」はバニメンには珍しいダンスチューン。80'sな香りバリバリですが、かっこいいっす。

この頃のPVはいくつかがYoutubeで見れます。
The Cutter ・・・アイスランドの雪原を走り回るエスキモーみたいなメンバーがかわいい。
Never Stop・・・伝説のロイヤルアルバートホールのライブ映像。指先だけで客を煽るイアンが死ぬほどCool!


関連記事

カテゴリー:Echo & The Bunnymen

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。