Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Heaven Up Here / Echo & The Bunnymen


本日は海の日。しかしあいにくの雨、しかもジメジメ暑いです。
せめて涼しげな音楽でも聴いて涼をとろう…と思い、聴いているのが海にちなんだジャケットのこちら。
Heaven Up Here Heaven Up Here
Echo & the Bunnymen (2004/01/27)
WEA International
この商品の詳細を見る

エコー&ザ・バニーメンの2nd。このジャケット、涼しいを通り越して寒そうですね。
バニーメン第1期(1988年までの活動期)の5枚のアルバムは全てリマスターされ、日本盤には丁寧な解説とイアン・マッカロクへのインタビューも付いているので、私はそれをせっせと集めていましたが、この「Heaven Up Here」だけ日本盤がどこにも見当たらない・・・在庫ナシ?;;
ニューウェイヴ・リバイバルやネオサイケ特集として雑誌等で取り上げられるとき、バニーメンはこのアルバムが代表作として紹介されることが多かったからでしょうか?
私は比喩がたっぷり盛り込まれたイアンの描く詞の世界が好きなのですが、訳詞がないと意味が全くわかりません。(訳が付いててもわかんないことがあるけど^^;)
ちうことで、早くも再発希望!

私的に思い入れが強いのは1stの「Crocodiles」だけど、たったの1年後にリリースされたこのアルバムの劇的変化はものすごいと思う。サイケデリック色ばしばし!「空間を切り裂いて突き進む」と称されたウィル・サージェントのギターが冴えまくりで、同時に生まれる緊張感もハンパじゃありません。だからといって決して暑苦しいものではなく、どこまでもクール。聴き手を突き放さんとするサディスティックな面と、傷つきやすそーなナイーヴな感性が同居した独特な雰囲気も魅力的。
どこかの洞窟から響いてくるかのようなリズム隊と、反響を伴って迫りくるイアンのヴォーカルもたまんない。一度聴いたら耳にこびりついて離れません…
こんなアルバムを10代の頃に聴いていた私はいったいどんな若者だったのだろう…思い返してみたけど、よく覚えてないんだな(笑)
とにかく周りに仲間がいなかったから、一人こっそり孤独に聴いていた気がします。ネオサイケってそうゆう聴き方が多分正しいよね(笑)
とか言って、当時は「ネオサイケ」のネの字も意識しないで聴いてたんだけど。音楽は頭でっかちに聴いてたらつまんない。自分にとって「気持ちいい」ことが昔も今もMy基準(笑)です。

話が逸れました。
お気に入りは以前も書いたけど「A Promise」。それからタイトル曲で酔っ払いパンクな「Heaven Up Here」、ヴォーカルがセクシィな「With A Hip」などなど。
バニーメンの代表曲と言われる「Over The Wall」は「Crocodiles」に収録されているライブver.の方がよいです。
で、ここにもライブ音源が入ってますが、例によってどれも素晴らしい。特に「All I Want」のライブver.はヘッドフォンで聴いていると恍惚となり、意識が飛びます。なんだ、このドラッグ感は。危ないぞー(笑)
同じく「Zimbo」も素晴らしい。はー、タイムスリップしてこの頃の彼らのライブに行きたいぃぃ…><

なんて思いながら聴いていたら、血が騒いで暑くなってしまいましたとさ^^;

(7/26追記)
Youtubeで映像発見。
Show Of Strength ・・・これ初めて見たぞ♪
関連記事

カテゴリー:Echo & The Bunnymen

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

よっしー ⇒

このCD、自分が買った時も国内盤は既に入手不可でしたよ。
このナイフで切り裂くようなサウンド(って?)は初期のU2にも通じる所がありますね♪
この辺もライバル視するゆえんなんでしょうか?

  • |2006.07.19
  • |Wed
  • |08:30
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

RIKI ⇒

「Ocean Rain」の国内盤もなくなりそうなので、そのうちまたまとめて再発するかな?(楽観的)

U2のメンバーのことは「いいやつらだ」と言ってたけど、プロダクションが嫌いだと常々発言してましたね。きっとウラでイロイロあったのでしょー・・・と勝手に推測(笑)
もう昔の話だし、今はU2の方がずっと・・・(T▼T)

  • |2006.07.19
  • |Wed
  • |13:55
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。