Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

2012年08月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

原田真二Live Hot Summer Over2012@浜離宮朝日ホール


8/3、今度は原田真二部長のLiveに行ってきたー!

浜離宮朝日ホールは朝日新聞社敷地内にある、クラシック系に強そうな立派なホール。
なのでこの日はアコースティックorオーケストラライブだろうか?と思っていたけれどさにあらず。
1曲目からバリバリRockだった。
10数列目のちょうど真ん中あたりの席だったので、真二が真正面。でも遠い~~;;
そう感じたのは、東京タワーや先日の大澤さんのライブを至近距離で堪能したからだろう。贅沢になっちったなw
客席はほぼ満席、意外と男性が多くて年齢層幅広い。親のお供で?中学~高校生も結構来ていた。

1曲目は「Brand New Age」。CRISIS時代の曲で、前方にいたサラリーマンたち大喜び、1Fは早くも総立ち状態。
しかしこのホール、音の残響が大きくてひび割れる~~耳いたい~~^^;これってどーなのよ??
と思ったけど、進むにつれてちょっとずつ修正された(と思う)。

2曲めに「サウザンド・ナイツ」をギターでかっちょよく放ったあと、MC。
「格調高いホールだから、オーケストラバックの方がいいんじゃないかと言ったんだけど、
ロックでお願いと言われました。どーなんだ?って思ったけど」だって。真二も思ってたかw
でも主催者側のリクエストなんだね。

ピアノに移動して「シャドー・ボクサー」と「大和」。そして「タイム・トラベル~キャンディ」メドレー。
真二がピアノ前に座ると総立ちだった客席が一気に座っちゃった。あれ?そういう決まり??
立ってると後ろの人が見えなくなるからかな?
タイムトラベルは「時間旅行のツアーはいかが?」をみんなに歌わせる。
「ここは東京」を「ここは浜離宮」と変えて歌った?けどめっちゃ早口で歌えてなかった気がww
キャンディはTVで歌う時よりも、アレンジが更にJazzyで渋い。カッコよかったー!
もうあたくし、原曲の可愛いキャンディは物足りなくて聴けませんw

そのあと長いアコースティックタイム。
バンドも掃けて、まずはピアノの弾き語り。立派なグランドピアノがステキな音を奏でる。
「久々な曲」と言って、「Carry On」。ああ・・・私はほんとに久々に生で聴いた。
美しいメロディにちょっと泣きそうになった。
「明日(4日)から、ニューヨークに行くんですよ、そこでこれを歌います」と言って、「Amazing Grace」。
ピンスポが当たって真っ白いシャツを着た真二が神々しく見えた。
後半、アカペラで歌うところは身動き出来なくなるほど圧巻。
ああ、やっぱりステキな声だなぁ・・・
声量はある方じゃないけど、時々ビックリするほどすごい声がでるから驚いてしまう。

歌い終わると一瞬静寂・・・とあと、ものすごい拍手。
「ああビックリした、静かになるから聴こえてなかったのかと思った(笑)」
違いますから。聞き入ってしまったんですよー^^;


「みんな座って固まってるね。ホールの雰囲気に押されてる?(ステージと客席に)壁があるね。大丈夫?」
何となくおとなしくかしこまってる客席を和ませようと、いろいろ喋ってた。
先週まで被災地に入ってチャリティライブやっていたと、そのご報告も。
会津若松にも行ってくれたんだよね。ありがたいな~ (母の生まれ故郷です)
NYでは毎年恒例のピースチャリティに参加したり、その後シアトルでもライブがあるそうで、「みなさんも是非(来てね)」って。
行けるかい!みたいな笑いが起こるw

アコギに持ち替え、壁をとっぱらう!とばかりに前に出てきた。
ステージ最前に座って「黙示録」。うわー・・・これ生で初めて聴くかも~感動~~
昔、これを弾きたくてギターで練習したんだよね。だからこのときも真二の左手ばっかり凝視してしまった。
ま、あたしには全然弾けそうにないコードでした。わかってたけどね^^;
次は「夏っぽい曲」と言って「銀河Dreamin'」。最後のコーラスを楽しそうに歌ってた。
バンドが戻ってきて「JOY」も続けて歌った!「ゆっくり抱くよ~」を1回多くくりかえした!
この頃には壁はすっかり取り払われてた模様w

そしてピアノ前に座り「Information Network」。これまた男連中大喜び。
このあと「No time」、「Happiness」とCRISIS時代のロックナンバーで大盛り上がり。
でも昔よりややテンポ落としていたね。Happinessはもっともっと性急さが欲しかったけど
やってくれただけでも大感激。
こういう曲では真二はエレキとピアノ両方こなし、もちろん歌いながらなので本当に忙しそう。
でもギターにさっと持ち替えてもサラリと弾いてるところがスゴイな~と思った。ロックギターもアコギも本当に上手いんだと、あらためて感じました。
そうそう、弾きながらベースのウォーネルさんと踊ったりもしてたよ。いやはや全く・・・なんでも出来ちゃうんだから、ニクイね!w

ソロのあとは「LIFE」だったかな?かなりダンサブルにアレンジされていた。
曲にあわせてついみんなこぶし挙げたりしてたら、その動きが揃ってしまい、真二が笑い出した。
「みんな同じことやらないよーに!自由でいいんだよ、自由で!」
ああここでも「自由」がキーワードに(笑)
仕方なく両手突き上げる人、多数。ワイパーする人や踊りだす人もいて、さらに笑い出す真二先生。
自由ってたのしいけど意外と難しいんだわw

その後「Modern vision」、そしてロックver.の「てぃーんずぶるーす」で本編終了。
わたしったら途中からトイレに行きたくなり、ガマンしきれず、大急ぎでトイレに向かい個室に入ると、真二の歌声が!うがーーー!もうアンコールが始まってる!
「March」でした!途中まで聞き逃した!!!不覚!!!!!

で・・・終わってしまいました。アンコール1曲だけだった。がーん。
時計を見ると21時ジャスト。ああ時間切れね・・・
ロビーに「本日の終演予定:20時30分」って表示されてたもんね。30分オーバーだ。
「今日は時間があまりないんだよ~」ってMCで言いながら、アドリブやフェイク入れまくって
自由だったもんね真二先生・・・時間なくなるわw

終わってみればあっという間、休む暇が全くなかった2時間でした。うあー楽しかった!!!

ロビーに出ると物販コーナーに人だかり。真二が売り子してましたww
その後グッズ購入者は握手などしていただけたので、いそいそとしてもらいました。
タワーではまともに目も見れなかったけど、今回は!と意気込むも・・・・・・
やっぱり顔すら見れなかったorz.

会場で同じく一人参加されてた方とお友達になり、開始前と終了後にあれこれお話が出来た。
その方も復活組だそうで、この日もどれだけの人が久々に真二に会いに来たのだろうか?と。きっと私たちのほかにもたっくさんいたんだろうな。
でも久々に会っても真二は変わっていなかった。カッコよくて優しくて、Happyで。
私たちはどうだろう?変わってしまった部分もあるだろう。でも、こうしてまたLiveに来て、昔の自分に戻り、変わってしまった「良くない部分」を、なんつーか・・・「いい方」に修正できたような。そんな気がする。

「原点に戻る」って、こーゆうことなんだろうね。
私の原点は、14歳の頃出会った真二の音楽。それをあらためて感じた。
真二が歌い続けてくれていてよかった、と心から思った浜離宮の夜でした。

最後にGetしたグッズ。アニバーサリーなタオルとMTVプレミアムLive in DUOのDVD。
0803goodsjpg.jpg

このタオル、振り回したり投げたりする用かと思ったけど、そんなことはしないのねw
真二は普通に汗拭いてたww 私はもったいないので保存する~^^
スポンサーサイト

カテゴリー:原田真二

大澤誉志幸&DIE 渡り鳥ツアー@吉祥寺Star Pine's Cafe


8/1 大澤師匠に会いに、吉祥寺のライブハウス行ってきた!
7/6の横浜を皮切りに、全国をほぼ1ヶ月かけて行脚し、この日がめでたくファイナル。
今回は何と、イベンターを通さず、移動も宿泊もブッキングも全て自分たちでやってきたそうだ。

19時開始、その30分ぐらい前から師匠が場内に現れ、客席からの眺めを確認。
その後開始までファンと普通に談笑。なんだかとてもリラックスした様子で、「今日はなにかいつもと違うぞ」と期待に胸が高揚しはじめる。

19時を少し回り、暗転。バックドロップに映像が映し出された。
各地での珍道中の様子を写真と動画でご紹介。かなりオモロー映像に仕上がっていて、早くも場内から笑いが。この時の映像は主にDIEさんメインでした。

映像が終ると第1部のDIEさんソロスタート。
DIEさんは、hideさん(X japan)のバンドメンバーで、GLAYのサポートもされている。
1曲目はハンドマイクで歌声を披露、ステージ狭しと動きまくり早くもテンションMAX!
かと思うとその後ピアノ前に座り、美しいメロディの数々を奏でる。
そのピアノの音色が繊細で、聴き惚れてしまった。
見た目はロッキンなおにいさんだけど、そのギャップもまたとてもカッコよかった。

福島復興の曲(「ポートレイト」だったかな?)がよかったなぁ。
他のピアノ曲も心打たれました。
CD欲しかったけど、終了後時間がなくて買えなかった。残念。
MCでは何度も「あの大澤誉志幸さんとツアー回れるだなんて、夢見たい!すごいことだ!」と言っていたけど、DIEさんだって経歴を見ると、十分すごい人だと思います。
でもつい「ちゃん」付けで呼びたくなるような、優しくて気さくな方なのだ。
大学の時、渋谷公会堂で師匠のライブを見て憧れたそうだ。
そのライブ、多分私も行ってるので、ますますシンパシー感じた♪
後半は、DIEさんとユニットを組んでいるMAD大内さんがドラムで入って、パワフルな演奏!
MADさんカッコよかった!めっちゃパワフルでしびれた!!

DIEさんの魅力あふれる素顔はブログでどうぞ。ステキな写真がてんこ盛り♪
DIE公式BLOG渡り鳥旅日記
お二人さんとも、オットコ前♪そしてあたしも沢山写ってる・・・自分にしかわからんレベルでwいい思い出だ~

DIEさん終了後、しばし休憩タイム。私たちの近くの方が席を立った。
するとそこに、だれかがやって来てしれっと座った。
・・・なんと、大澤さんだった・・・・・・・!!!
「ここ誰かいるの?いるよね?ま、いいか」などと言いながら座って周りのファンと喋ってる。
手にはお酒・・・ほどよく酔っていた模様w
回りのファンの方々から、曲のリクエストなど受けていました。
「みんな「馬」好きだね」などとおっさっていたので、「馬が行く」のリクエストされていたのかな?
少ししてスタッフが段取りを説明に来たが、「俺は自由だから」などと言ってた。
ホントにこの日の師匠は自由人だった。

やがて時間となり暗転、そしてまたスクリーンにツアー映像が映る。
BGMは「楽園(パラダイス)へ急ごう」。
大澤さんがするするっと席を立ちステージへ。一緒に映像見て笑いつつ「楽園~」を歌ってる。生BGMだよ~w
今度の映像は師匠がメインで、またまたオモロー映像に場内和む。

映像が終わり、師匠のステージの始まり。
1曲目は「ビリーの災難」ブルースVer.!!!
アドリブだらけでめっちゃ自由でボトルネックギターも冴えまくってたビリーだった!
酔っ払ってるはずなのに、あのギターにあの声!なんなんだこの人は一体!!???
もしかして酔ったフリしてるだけ!?うっそー?ww

その後はしばしアコースティックタイム。
「宵闇にまかせて」、「月と赤い兎」などなど。アコースティックギターの音色が優しく響き心地よい。
大好きなカエターノ・ヴェローゾのカバーもまじえつつ。 相良直美のカバーもあった。「私の好きなもの」だっけ?「やーっぱりいせやがすっきー♪」には笑った。 (いせやは師匠お気に入りの焼き鳥屋@吉祥寺)
「京都慕情」も歌った。今回の旅では京都がたいそう気に入ったそうで、リタイア後は京都に住みたいそうだ。
川床料理がかなり良かったらしい。あと雨の大原なども。
「WEEKENDは夏の匂い」もありました。う~い~う~う~♪って身体が気持ちよーく揺れてしまったねw

MCでは旅の爆笑裏話がたくさん出た。それを話す師匠は本当に楽しそう。
聞いてるこちらも一緒に旅したかのような気分だった。
2部最後は、きたー!「馬が行く」!
アレンジしまくりで原型とどめていなかったけど、ビリー同様めちゃくちゃカッコいいいい!!!
師匠のギターと声が渾然一体となり、ものすごいパワーに圧倒され、思わず大歓声が上がる。

3部はDIEさんと2人で。まずは吉川晃司のLa Vie En Roseを。
年末に吉川とテレビで歌った時のこと、待ち時間が長すぎて合間にビールを飲んでた師匠、吉川に叱られたそうで、思わず「あいつマジメだからさ~」
いやいや、師匠だってホントはマジメじゃないですか。あの声をキープするためトレーニングしてるってファンはみんな知っています。
しかしこの日もだけど、あれだけ飲んであの声が出ること自体、驚異的。日ごろの鍛錬の賜物&天賦の才なのね~

2曲目はエルトン・ジョンの「Your Song」。師匠が歌うエルトン曲は初めて聴いたけど、味わい深い・・・
その後、hideさんの曲「ピンクスパイダー」を2人で歌った。大澤さんのピンクスパイダー、エロカッコいい!
お次は元クラウディ・スカイのメンバーのINOJOさん(B)とトルーサさん(Dr)が登場!
そして「GoGo Heaven」!いつもより若干テンポ落としてたかな?
でもいつもより荒々しくゴツゴツした音でこれまたしびれた!
ギターの西薗まりさんが渋かった!
このバンドの名はカメレオンズだそーです。
で、カメレオンズでもう1曲「晴れのちBlue Boy」。踊りまくってお祭り騒ぎのカオスと化すw

再び二人に戻り、インストゥルメンタル2曲。その間に入場の際渡された風船を各自膨らます。
この風船がなっかなか膨らまずみんな苦労し、しばし歌そっちのけになるw
そしてラスト曲が「途方に暮れる」サンバVer.、DIEさんの合図で皆いっせいに風船を放り投げた。
色とりどりのハートの風船が中に舞う。やがてみんな、ステージの師匠めがけてそれを投げ始めて、師匠が投げ返し、いつのまにか風船の応酬が。ハートのやりとりだwww
見ると師匠の足元にはたくさんのハートが。すっかり愛に囲まれておりました。
そんなハッピーな「途方」でしめくくりでした。 あっという間の3時間弱でした。

終演後すぐに師匠はステージを下り客席に。そして全員で記念撮影。
そしてポスター販売&サイン会。時間がないらしく、かなり慌しく。
0801watari.jpg

えへへ。サインもらっちった♪DIEさんと師匠にハグもしていただいた♪
感謝の意ぐらいしか伝えられなかったけど、お二人とも汗だくで湿っぽかった、特にDIEさん。
隣でニコニコしてたINOJOさんとはキチンとお話できた。
「クラウディスカイ大好きなので嬉しかったです!」と言ったら「それ昔だから。カメレオンズもよろしくね^^」って。
INOJOさんがいなかったらこのツアーは成功しなかったと思う、影の大功労者です。
パート2もありかも!って言ってた。その時はカメレオンズもやってください!

ユーストで全部生配信したそうで、観れた人たちもさぞ興奮しただろうなぁ。
普通の会場ではあり得ない演出とか、ちょっと下ネタなども飛び出して、とにかくこんなライブは初めての経験だった。
ステージと客席の境界が曖昧なところも自由で楽しかった。 。
双方のファン同士もともに盛り上がって、とてもあったかい雰囲気。これも大澤さんとDIEさんの関係が鏡となって表れているんだろうと思いました。

次回はいつ~?と心は早くも次の渡り鳥へ。どうかPart2もありますように!(願)

カテゴリー:大澤 誉志幸

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。