Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

2012年04月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

2012.04.06 John Oates Live@ブルーノート東京


120406john2.jpg

4/6(金)、ホール&オーツのかたわれ、ジョン・オーツさんの
3年ぶりのソロライブに行ってきた。
前回はビルボードライブ、今回はブルーノート。
どっちもいい音響&間近でじっくりと聴ける(見れる)、
最高のライブ環境。
最近はこういう会場でまったり音楽を楽しむのがいいなぁ・・・と
思えるようになってきた。私も大人になったものだ。

・ご一緒したのは昨年のH&Oライブに共に参戦した友達。3時に表参道のフードコート「マルシェ・ド・メトロ」で待ち合わせ。しっかり食べて、たっぷり喋って、17:40ブルーノートへ向かう。
・整理番号は13番、端っこだけどなんと、最前のテーブルをGetしてしまう!
・楽屋口が客席後方にあるため、ジョンとバンドメンバーは客席の間を歩いて入場してきた!しかも、私の座る横!
・隣のお兄さんが手を出したら握手してくれたので、私も「わ~ジョンだ~~~♪♪♪」とか言いながらしっかり握手してもらった。一気にテンションが上がる。ぐおー!
・入退場で都合4度、通路を通るたび、バンドメンバーとも握手握手。えへえへ。ラッキーな席でした!
・3月に発売された「Bluesvill Sessions」というアルバムを携えての来日なのですが、
未聴だったので、ついていけるかと一抹の不安を抱えつつ、当日を迎えたのですが・・・
・しかし1曲めはH&O初期の名曲、When the morning comes、続いてManeater、Out Of touch!
・・・・を、ブルースアレンジで演りました。しっぶー&かっちょいー♪
・ManeaterとOut Of Touchはダリルっぽいけど、実はジョンが作った曲なのだ。
・カバー曲もたくさん。子供の頃好きだったというジョン・デンバーとか、コースターズ?の曲とか。どれも古き佳きアメリカのナンバーを、ロックやブルースアレンジでたっぷりと。
・オリジナル(H&O)でさえも何の曲?って思うほどアレンジされてたけど、それがまた新鮮で、しかもかっちょいい!ブルースロックだけどコテコテではなく、なんだろう・・・あったかくてとても心地よいアレンジでした。
・1曲ずつ丁寧に解説してくれたり、客席に話しかけたりして、コミュニケーションとりながら歌うジョン。いい人だわぁ・・・
・間近でギターテクとかじっくり見れた。職人だった。
・声も、マイク通さない声が聴こえたりして。ちょっとかすれた、温かくていい声なんですよ~。
・ダリルよりもずっと渋くてちょっとクセのある声。そこが通好みなのか、男性ファンが多いのです。この日も70%は男性のお客さんで、太い声で声援が飛ぶ飛ぶw
・途中、ジョンの弾き語りコーナーでは、バンドメンバーは掃けて客席へ。
・戻ってきた時キーボードのPeterさんがこのライブのスペシャルドリンク「ミシシッピ・マイル」をジョンに手渡し、皆で乾杯♪でもジョンはかるく口をつけるのみ、お酒弱いみたい。
・「It’s All Right」って曲が楽しかったな~、サビが一緒に歌える曲で。調べたら、カーティス・メイフィールドだった。
・他にも客席にコーラスさせたり、数少ない女性客だけに低いパートを歌わせようとして、無理ー!と苦笑いさせたり、おちゃめなジョンさんww
・本編最後は「She’s Gone」。ダリルのことなどもちょろっと喋ってた。昨年彼らが来た直後に震災が起きたんだな。ダリルはハワイのトッド・ラングレンの家に居て、日本を心配してくれてたな・・・ジョンはいち早くメッセージを発信してくれたけど、もしかしたらもう2度と彼らに会えないんじゃないかと思ったっけ・・・
・などと回想していたら、涙がどばーと出てきた~;;
・アンコールは「You make my dreams come true」
・スタンディングで盛り上がりました!
・1時間40分、ジョンはほとんど歌いっぱなし、ギターも弾きっぱなし。お疲れ様でした。

まだもうちょっと続くので、後は追記にて。
スポンサーサイト

カテゴリー:Hall&Oates

2012.02.05 大澤誉志幸Live@六本木STB139


◎2012 2/5 (sun)
大澤誉志幸 Rockin' Soul Special Party Volume 2
at STB 139

20120205yolive.jpg

■Guest:ZOOCO、露崎春女、平賀マリカ、Jay'ed

■Band:大澤誉志幸(Vo/G) 後藤秀人(G) 伊藤隆博(Key)
    千ヶ崎学(B) 浜崎大地(Drs.& Per)

■Setlist(1部)
1 topaz
2 nobody knows
3 stop&ギミーlove
4 cavalier
5 zoocoカバー/Thank You(スライ&ファミリーストーン)
6 zoocoカバー/Natural Woman(キャロル・キング)
7 露崎春女カバー/What'Cha Gonna Do For Me(チャカ・カーン)
8 露崎春女オリジナル/Still Of The Night
9 jay'edカバー/Human Nature(マイケル・ジャクソン)
10 jay'edオリジナル/最後の優しさ
11 平賀マリカ/Feel Like Making Love
12 平賀マリカ/Sunny
13 ラヴィアンローズ
14 いけない涙
15 Love jenic
16 GO GO HEAVEN
------------
17 imagine セッション
18 stand by me セッション
19 そして僕は途方に暮れる



2年ぶりに参加しました、大澤師匠のライブ!の感想を、今ごろコソっとUPる私・・・
ふふふ・・・

久々だったので、やや緊張してしまいました。
お腹すいてたけど、キンチョーのあまりスイーツしか食べれなかった。
曲とかノリとか忘れてて置いてけぼりだったらどどどーしよう?

などと思いつつ・・・

・・・忘れてるわけないじゃんねーいやだよあたしったら!
師匠の曲は聴きすぎて骨の髄まで沁みてるちうの!
いざ始まったらあれもこれも一緒に歌ってしまい、声枯れたがなw
ただ時々曲名を忘れるので、セットリストでのおさらいは必須だww

キャバリエが嬉しかったな~大好きだな~キャバリエ。

今回は大澤さんと交流のあるアーティストさんたちがゲスト参加されていて
みなさんのパフォーマンスやセッションも素晴らしかった!
歌うまい人たちばっかりでおどろいた!
彼らが披露してくれたカバー曲はどれも名曲ばかりなので、聴きごたえ十分。
Zoocoさん、春女さん、声量がすごくてしびれた~
Jay′edくん、若くてフレッシュ!でも彼も上手かった。
誰もが知ってるマイケルの名曲を歌ったのがチャレンジャーだわ。
そして平賀マリカ様。ジャズ畑の方なので、歌い方が他の4人と少々違ったけど
まろやかで素敵なVoiceでした~
マリカ様と言えば私にとっては、「シリアス・バーバリアン」でのコーラス。
特に「パセリを見てる」で、大澤さんのヴォーカルに絡みつくような
セクシーなバックヴォーカルが大好きです。
おふたりの生パセリ、いつか聴いてみたいです師匠!(懇願)

大澤さんとは大学時代サークル時代からのお付き合いだそうですね。
しかもひとつ先輩だとか・・・ひえ~!お若い!エイジレスだ!

大澤さんも、久々にお会いしても変わらずカッコよかったす~
よかった~私が見ない2年弱のあいだに、オサーンになっていたらどうしようかなどと・・・(爆)

わたしはこの2年で少々つかれたおばさんになったかも。
いかんいかん。マリカ様のように、もっと年齢不詳にならなければ!

仕事の関係で、以前のように参加できなくなっているけど、
チャンスがあれば絶対参加しなければ。
と、心に誓いつつ、後ろ髪ひかれながら1部のみにて帰りました。

2部では「明日もきっとハレルヤ」歌ったのね・・・
最近ハレルヤ聴けてないよ・・・
ぬおー2部も参加したい!!!

カテゴリー:大澤 誉志幸

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。