Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

2008年09月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

8月9月のお買い物


8月9月にGetしたアルバム。

Circular Sounds / Kelley StoltzCircular Sounds
(2008/02/05)
Kelley Stoltz

商品詳細を見る

USインディ・ポップ系アーティストのケリー・ストルツさん。ビーチボーイズ(=ブライアン・ウィルソン)ヲタクでバニーメンヲタクな人。私と趣味合いすぎ。お友達になりたいわぁ(笑)
以前この人のアルバムのこと書いた時、名前で検索しても言及している記事が2.3つしかなくて「知名度低すぎ!」って悲しかったけど、最近このブログの検索ワードに時々入ってるんですよ、Kelley Stoltzって!もう嬉しくて嬉しくて。これからも地味~に応援するぞ!

That Lucky Old Sun / Brian WilsonThat Lucky Old Sun
(2008/09/10)
ブライアン・ウィルソン

商品詳細を見る

そんでもってブライアン・ウィルソン御大。買っちゃった。毎日聴きまくりです。
素晴らしいです。こんなん聴いちゃったらもーなんにもいらん。これだけでしばらくご飯食べます。食べれます!
ちゃんとした感想書くつもりなので、詳しくはまた後日。

ペット・サウンズ(MONO&STEREO)Pet Sounds(MONO&STEREO)
(2008/06/11)
ビーチ・ボーイズ

商品詳細を見る

名盤ペット・サウンズもやっと買った。クロスビート11月号の「ミュージシャンが選ぶ決定版年代別ベストアルバム」で、60年代のベストにこのアルバムあげてたバンド、5つ。FEEDERやFOALSがあげてたのが嬉しいな。あ、それにつられて買ったわけじゃないのよ、ブライアン聴くならこれも一緒に聴かなくては、、、と思ったのですよ。大澤誉志幸師匠も以前に推薦してたしね。


Greatest HitsGreatest Hits
(2004/06/08)
Devo

商品詳細を見る

サマソニで初めて見たDEVOのベストも買ってみた。懐かしいねぇ。昔はこういうテクノをよく聴いてたよ。いっしょにヒカシューとか有頂天なんかも思い出した。ヘンテコで胡散臭いバンドの多い時代でした(笑)今のテクノは好きじゃないけど、この時代の人力テクノは好き、というかもう血肉になっちゃってる^^;

これがSHM-CDだ!2 ロック/ソウル/ブルースで聴き比べるサンプラーこれがSHM-CDだ!2 ロック/ソウル/ブルースで聴き比べるサンプラー
(2008/09/03)
オムニバス

商品詳細を見る

CDよりも音質の良いSHM-CDというフォーマットがあるというのを知り、サンプラーが1000円だったので買ってみた。でもわが家のプレイヤーはiTunesのみなので、イマイチその良さがわかりません^^; 収録アーティストがキンクスやピストルズやジャムからスティービー・ワンダー、トム・ウェイツ、マディ・ウォーターズとバラエティに富んでてなかなか良いけど、果たして普及するんだろうかSHM-CD・・?
スポンサーサイト

カテゴリー:おんがく-CDゲット

おひさしぶりのフランツくん


早く聴かせろ~
ちょーおひさしぶりのフランツくんニュースでございます。
⇒Barks
最近すっかり忘れかけてた(薄情な^^;)フランツくんにのニューアルバム、やっと完成したそーな。よかったよかった。リリースは来年?はっきり書いてないけどどーなんよ?

内容は「ダンスレコード」だそうで。前作よりはテンポ遅めの。
「2ndは速く、激しくクレイジーだった。1分150ビートだ。ティーンエイジャーのセックスみたいだったな。新作は、もっと安定してて、もうちょい踊りやすいかもしれない。1分104~105ビートだ」
そ、そーか。アレックスももう30代後半にさしかかるんだもんね、もうティーンエイジャーみたいなセックスはむりだよね。おっさんだし・・・(笑)

来年頭に出るとして、3年半ぶりかぁ。待ちくたびれたわ。ものすごく楽しみか?っていうと、そーでもなかったりして。若手バンド(笑)で新作を絶対買うぞ!って言い切れるのはBRMCとフランツだけだったんだけど(ブロック・パーティは最近ついていけん。今度の新作興味なし^^;)、ダンス・ロック系ってあんまり好きじゃないんだよねぇ。なのに最近のUKバンドってみんなこぞって「ダンス」をキーワードにして煽っておけば売れる!って思ってるよーな・・・そのあたりがつまらんというか、冷めるというか・・・
もちろんフランツも「女の子が踊れるロックを」てキャッチで出てきたけどさ・・・もうそーゆうの飽きた(爆)てかまだ「ダンスだぜ~」って言ってんの?みたいな^^;もっとなんか・・・変化が欲しいよね。進化か。でもエレクトロなのはキライなんだけど・・・むーん。そう考えるとUKよりUSのインディのほうが興味深いのです私には。

でもフランツの場合は素直に踊れるものは出してこないと思うので、その辺に期待します。で、来日も期待してるよ!

カテゴリー:Franz Ferdinand

Bunnymen @ Royal Albert Hall 9/16


RAH
9/16、ロンドンはロイヤル・アルバート・ホールにて、バニーメンがライブを行ないました。
これは彼らの84年の名盤「オーシャン・レイン」全曲をプレイするという、とても興味深いショウで、日本からも何人かのファンが駆けつけたようです。うらやましい。

セットは1部と2部に分かれ、1部は通常のライブ、2部がこの日のメインのオーシャン・レインライブだった模様。さっそくオフィシャルに写真がUpされていたけれど、2部ではマックが黒いロングコートを羽織り歌う姿が。ひえーかっこいい!声の調子もとてもよかったようで、まずは一安心。
そして、ホントに全曲歌ったそうですよ!84年当時とはマックの声もずいぶん渋く変わったから、歌うには苦しいんじゃないかと見られる曲もあったんだけど(Thorn of crownとか)、歌ったんだねぇ。BBSでは海外のファンがマックの喉のコンディションをかなり心配してたけど、杞憂だったようで、よかったよかった。

セットリストはまだ上がってないのでわからんのだけど、アルバムの順番どおりにプレイされたんだろうか? ※9/19上がってました。記事最後に追記します。
でもラストはアルバム通りOcean Rain。さっそくYoutubeに上がってます。
echo & the bunnymen-ocean rain/albert hall

間奏でマックが「This is for Pete & Les」と言ってる・・・?元メンバー二人に捧げられたラストナンバー。ピート(89年逝去)はどこかで見守ってくれていたかも・・・とか想像したら少し泣けてきた;;

レビューもいくつか。
⇒Independent
⇒Telegragh
⇒BBC6

何人かのお仲間が見に来ていたようです。プライマル・スクリームのボビーとマニは写真があった。他には「Reed brothers」って書き込みがあったけど、JAMCのリード兄弟?(でもスペルが違う。正しくはReid) それからイアン・マクナブの名前もあったけど写真はありませんでした。(今BBSがサーバーダウン中で確認できません)

次はニューヨークのRadio City Music Hallで10/1に、最後は地元リヴァプールのEcho Arenaで11/27に行なわれます。この2公演はサポートバンドあり。今UKで人気上昇中のグラスゴー出身バンド、Glasvegasだそうで。これも豪華なショウになりそうだ!み、見たいよーん;;Please come to Japan!;;

Setlist
Royal Albert Hall, London
16th September 2008

Set 1
01 Intro/Rescue
02 Villiers Terrace
03 Stormy Weather
04 Bring On The Dancing Horses
05 Think I Need It Too
06 All That Jazz
07 The Back Of Love
08 Never Stop
09 All My Colours
10 Lips Like Sugar
11 Nothing Lasts Forever
12 The Cutter

Set 2
13 Silver
14 Nocturnal Me
15 Crystal Days
16 The Yo-Yo Man
17 Thorn Of Crowns
18 The Killing Moon
19 Seven Seas
20 My Kingdom
21 Ocean Rain

カテゴリー:Echo & The Bunnymen

つれづれ日記


暑さが苦手なので夏の間は篭りがちになり、気づいたらもう2ヶ月ぐらい運動らしい運動をしていない・・・ゆえに体内組成が変化しつつある今日この頃。おまけにこれからは食欲の秋ではないか!あわわわ・・・

相変わらずあれこれ音楽を聴いてますが、どーも落ち着いて聴けなくて、どれもこれもつまみ食い的・・・どーしてこんなに落ち着きがなくなっているのか私。以前は1枚のアルバムを聴いたら考えるまもなく思ったことをスラスラ書けていたのに、最近はそれが出来ないのだ・・・これはいったいどーしたこと?感情が枯れてきたのか無感動になってきたのかはたまたアレか、老化現象か!(ぎゃー)

と、密かに心を痛め、悩んでいた。
が、昨日とつぜん原因がはっきりした。
単に仕事が忙しかったからなのだ!
なので余裕がなかった、そーゆうことだったのだ。。。

ブログを始めた2004年11月から昨年秋頃まで、仕事がヒマでヒマでヒマでヒマで、このまま無職になっちまうのか、まー今まで散々働いたし、そろそろ引退するのも別にいいかぁ、自営業だから退職金は出ないけどさぁ、これからは好きな音楽聴いて本読んでまったり老後を過ごすのもいいわね、ちょっとリタイアには早い気はするけどね♪
なんてのんびり構えてここや日記のブログで遊んでいたのだが。

今春あたりから突然お仕事が切れ目なく舞い込むようになり、気づいたら年内はもーぎっしり!(※) まるで見えないスイッチがカチリと切り替わったかのように。いったい何があったのか、自分でもさっぱりわからん。人生って不思議ねぇ。。。
(※ここ間違い。12月の予定は空っぽだったよアハハ~)

と言ってもブログを始める前はそれ相応の忙しさだったので、単に元のペースに戻っただけなんですけどね。。。

つーわけでまったりした老後生活は当面先送りだ。ここに書くペースも落ちるとは思うけど、強く感動したことだけは忘れずに書くつもり。
とりあえず老化現象ではなかったようで、それだけは安堵しほっと胸をなでおろした土曜の夜だったのでした(笑)

で、その土曜夜にカーラジオで聴いてビビビと来た曲。誰の曲だかわからずに帰宅後ネットで調べたら、これでした。
Coldplay-Lovers in Japan and Reign Of Love

Coldplayだった。先日のサマソニ時、友達に「コープレ?興味ないから帰ろ~」とか言い放った手前ナンなんだけど、アルバム欲しいな・・びばらびだもなにげに鼻歌だし(笑)

それからも一つ欲しいのは、こちら。
Brian Wilson - That Lucky Old Sun
ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンのNewアルバム。恥ずかしながらブライアン・ウィルソンが現役だったのをつい最近まで知りませんでした・・・ごめんなさい。
やー変わってないね。このメロディ、コーラスは唯一無二の芸術品です。おいしそうなジャケも素敵。

FC2さん、やっとyoutubeに対応したのね。小さいプレーヤーが貼れるのでよかったです。

カテゴリー:つぶやき

グーグーだって猫である


グーグー
映画「グーグーだって猫である」を観ました。原作者の大島弓子さんのファンなので、私には必見の映画。
原作はエッセイ漫画なので、あれをどんな風に映画化するんだろうか・・・てか、映画化なんて無理じゃないか・・・と一抹の不安を覚えつつ観ましたが、やっぱり当然ながら相当フィクションになってましたね。でも全体的には大人のファンタジーって雰囲気だったかな?つーかKyon2がファンタジーだったわぁ。。。(なんだそりゃ)

単なる猫映画ではなかったかれど、でも猫の可愛いところをもっと観たかった!って人には物足りなかったかもね。
だってグーグー、可愛すぎ!
かわいい・・・
のた打ち回った挙句ひざまずきたいほど可愛いぃぃ(笑)
猫ってなんて罪深い生き物なんでしょう・・・

詳しい感想はこの先に。
ネタばれなのでご注意を。

カテゴリー:えいが&ほん&かいが

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。