Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

2008年04月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

書店にて


今日は本の話を。
昨日書店に買い物に行き、店頭の「お勧めコーナー」を見てにんまり。
私の愛読書が2冊も置いてありました。
それはこちら。
閉鎖病棟 (新潮文庫)閉鎖病棟 (新潮文庫)
(1997/05)
帚木 蓬生

商品詳細を見る

タイトルは物々しいけれど、実際はハートウォーミングなストーリーです。
真にこころのきれいな人というのは、こういう人たちを言うのだな・・・と、
読み終えてしみじみします。

もう一つはこちら。
慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
(1999/03)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

これは初めて読んだ時、物語の展開にヤラレてしまいました。とにかく面白い。
ストーリーはやるせなく哀しいのだけど。

因みに私が買ってきたのはコミックスです。
チーズスイートホーム 5チーズスイートホーム 5
(2008/04/23)
こなみ かなた

商品詳細を見る

今回も萌え死にしそうなかわいさ。ほのぼの泣ける場面もあったりして。
アニメ化されているんだね、知りませんでした~(見なきゃ。)

もうひとつ、猫マンガ。これはちょっと前によみました。
くるねこくるねこ
(2008/01/15)
くるねこ大和

商品詳細を見る

人気ブログの書籍化です。ブログの読者だったので、本で読めることが嬉しかった~
ブログのテンションがそのまま本になってます。すてき。ネコ好きにはたまらん1冊です。

じつは密かに読んでるブログが書籍化されることが、ここのところ多いのです。ブログってそれだけ注目されているってことなのか?私も何か本になりそうなこと、書いてみようか・・・と考えたけど、アイデアがありません~。とほ。
スポンサーサイト

カテゴリー:えいが&ほん&かいが

さまそにその3


さまそに08

サマソニのステージ別ラインアップが出ましたね。
⇒ Summer Sonic Lineup

私はおそらくソニックステージに入り浸っていることでしょう。
炎天下のマリンスタジアムなんて、絶対出て行けないわぁ。
一瞬で溶けてどろんどろんになっちまうだろーから・・
アリシアちゃんもコールドプレイも、今の時点で早くも諦めてます。

スーパーファーリーアニマルズが入ってるの、知らなかった。
わーいわーい。最近ちょこっと試聴して、気に入っていたので
アルバム買って予習しときます。
そしてスピリチュアライズド⇒メリーチェイン。この流れで是非やってください。

8/9のソニックステージもいいなぁ…

カテゴリー:らいぶ

Transatlanticism / Death Cab For Cutie


TRANSATLANTICISMTRANSATLANTICISM
(2003/09/18)
Death Cab For Cutie

商品詳細を見る


どうも私が聴くものは、流行よりワンテンポ以上ずれてますな・・・Secret MachenesもこのDeath Cab For Cutieも最新じゃなく、一つ前のアルバムだったりして。

ということでサマソニにやってくるデスキャブ。実はこのアルバムは1年ぐらい前に聴いたんだけど、その時はどうもピンと来ずしばらく放置してました(すんません)が、なにげに引っ張り出して再び聴いてみたら・・・
ああすばらしかった!キラキラと流れる音、切ないギターとメロディ、優しいヴォーカル。まさに癒し系ロック。お疲れ気味だった私の心のひだにそっと入り込み、こっそり暖めてくれるようなアルバムでした。

この人たちもキャリアは長いようで、USインディチャートの常連なんですと。アメリカってほんとに奥が深い。探せばどんどん良いバンドが見つかりますな。ちょっと低迷するとすーぐ解散しちゃうUKの若手も見習いなさいよ。なんつって私ごときが言うのもなんだか余計なお世話か(笑)

お気に入りはイントロのギターが印象的なM-3「Title And Registration」、キャッチーなM-5「The Sound Of Settling」(ライブで一緒に歌いたい~)、M-9「Death Of An Interior Decorator」メロディも詞もなんだか切ないのう;;、ラストのM-11「A Lack Of Color」はアコギの音色が沁みます・・・

どの曲もメロディがとてもよいのです。地味だけどずっと傍に置いておきたいアルバム。サマソニ行きたいなぁ・・・東京は1日目なんだよね(私は2日目参戦予定)。うぬぬ・・・

カテゴリー:おんがく-CD感想

Now Here Is Nowhere / The Secret Machines


ToddやDuranの余韻からようやく冷めてきました。ロッキンなライブはやっぱりいいね。体力の限界との戦いではあるけど(笑)
これからは暫し、アルバムの感想などぼちぼち綴っていきます。感想書くぞ!と決めなきゃちゃんと聴けない、最近とみに根気のない自分に喝を入れるためにも^^;

Now Here Is NowhereNow Here Is Nowhere
(2004/05/24)
Secret Machines

商品詳細を見る

最近聴いた中では一番ビビビと来たのがこれ。シークレット・マシーンズの1stアルバム。音楽SNSなどでBRMCと同系列のバンドだと、頻繁に名前が挙がっていたので、どれどれ?と聴いてみた。
おお。なかなかタイトでよろしい。サイケってほどでもないけれど、ちょっと現実を忘れそうになる瞬間が、ところどころに見えます。このジャケットのように白く、まだ何者にも染まりきってない雰囲気がよろしいです。「影響受けたバンドは?」って訊いたらきっと「フロイドやツェッペリン」と答えそうなバンドだね。
セルフプロデュースでここまでまとまってるデビュー盤という点でも高ポイント。曲の流れもきちんと考えられてて、シャッフルしないで頭からきちんと聴いた方がよいね。
M-3「The Leaves Are Gone」の白いサイケ感と、続くM-4「Nowhere Again」の硬質なロックの流れにやられました。ああ参った。かっこいいや。M-5「The Road Leads Where It's Led」はダンサブルで初期のDuranみたい。と今の私は思ってしまう(・・・今だけかもね笑)
ラストのアルバムタイトル曲「Now Here Is Nowhere」でまとめている点もかっちょいい。

でもこの「Nowhere Again」なんだけど、The Rakesの「Work,Work,Work」にそっくりでびびった(笑)どっちが先かというと、マシーンズなんだけど・・・ありゃ?ま、詳しいことはよくわかんないから追求はしませんが、iTunesで並べて聴いて楽しんでます私(笑)

でも最近バンドメンバーがひとり辞めてしまったとどこかで読んだなぁ・・・元々3ピースだから、二人になっちゃうのかな?こういうインディー精神でこつこつ頑張ってるバンドって、存続が難しいよね最近とみに。でも頑張ってほしいです。

カテゴリー:おんがく-CD感想

DURAN DURAN Live@Zepp Tokyo


dd2

4/14、行ってきましたDuran Duran!
いやーたのしかった!!!!!
歌って叫んで踊りまくってもーたいへんでした!

私、特にかれらのファンというわけではなく、クリエイティブマンで先行予約があったので、なんとなくポチっとしただけなんだけど・・・アルバム一枚も持ってないし、じっくり聴いたことは過去にもほとんどないんですけど。

ヘロヘロになるまで盛り上がってしまいました!(笑)

まずはセットリストから。ネット上にたくさんUpされておりました。助かった~(笑)

Set List:
01.THE VALLEY
02.RCM
03.NITE RUNNER
04.HUNGRY LIKE THE WOLF
05.PLANET EARTH
06.FALLING DOWN
07.COME UNDONE
08.SKINDIVERS
09.THE REFLEX
10.SAVE A PRAYER
11.A VIEW TO A KILL

--ELECTROSET--
12.LAST CHANCE
13.ALL SHE WANTS
14.LEATHERETTE
15.I DON’T WANT
16.SKIN TRADE
17.TEMPTED

18.NOTORIOUS
19.GIRLS ON FILM
20.ORDINARY WORLD
21.SUNRISE
22.WILD BOYZ
en1.RIO


フロアはほぼ満員でした。客層は30~40代がほとんどで、意外なほど男子が多かった!スーツ姿の人とか。え~Duranって男の子も聴くんだ!女子のアイドルって感じだったけど、それは80年代初期のことだったのか?(私は初期の彼らしか知りません)
外国人もたくさんいたね~。こないだのトッド・ラングレンとは全く客層が違うわよ。ってあたりまえか^^;
19時ちょうどに律儀にスタート。客電が落ちると怒号のような歓声、拍手。メンバーが登場するとギャー!と悲鳴。1曲目がスタートするとフロアはいきなりうねりだした。のっけから数曲は知らない曲でしたが、昔のDuranと変わらない強烈なビートに自然にアゲられてしまいました。
新旧の曲をほどよく織り交ぜ、こちらをひと時も飽きさせることなく、それどころか私のようなええかげんなリスナーですら熱狂させる(・・・しちゃったのだよ熱狂・笑)Duran。いやーさすが伊達に年くってないね!メンバーが出入りしながらも80'sからしぶとく生き残ってるバンドだけあるね!歌って踊って叫んで、気がついたら2時間が夢のように過ぎておりました・・・

カテゴリー:らいぶ

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。