Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

2007年02月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

A Weekend In The City / Bloc Party.


A Weekend in the City / Bloc Party A Weekend in the City / Bloc Party
Bloc Party (2007/02/06)
Wichita

この商品の詳細を見る


ここ数日こればっかり聴いてます。
ブロック・パーティ。略してブロパ。この人たちも略称があるんだね。
なんでも略しゃいいてもんじゃないだろ~。とか言いつつラクチンなのでつい使っちゃうけど。

待望のセカンドアルバム。巷の評判どおり、とてもよい内容です。でも初聴き時は、あまりピンとこなかった。私はファーストのあの、つんのめりそうなビートと荒削りなギターの音が大好きだったので、それが適度にこなれてしまったこのセカンドは、ちょっとつまんないな・・・と感じてしまったのよ。
で、例によって数日寝かせて(笑)、その後i-Podに落として外出時に聴いてみたところ、なんだかこみ上げるものがあって、ちょっと泣けてきたのですよ。

ケリー・オケレケの声って、正直言って好みじゃない。ちょっと高めのヘロヘロ声。でもこの声がこのアルバムでは生きてる気がしました。
この人たちはとてもまじめで繊細なバンドだよね。ポップな存在じゃないし、キャッチーなメロもあまりない。
でも聴き手の心にそっと寄り添って何かを問いかけるような曲のスタイルが、私にはツボ。。訳詞がないので内容はちゃんとわからないけど、都市に生きる人の孤独や諦めのようなものと、僅かな希望を歌っているんじゃないかな、と思いました。だから外出時に雑踏の中で聴いた時、ふいにこみ上げるものがあったのかも・・・単純な理由だけど。

こなれてしまったとは言え、相変わらずマット・トンの手数の多い変則ドラムは鳴ってます。ゴードンくんのベースラインもシンプルだけどかっこいい。ラッセルくんのギターはキラキラして、一瞬Feederかと思ったけど、もうちょっと湿り気を帯びてます。これぞUK!な音色のギターだね。そしてケリーのヴォーカルはメランコリックでとても切ない。
どの曲も「あーブロパだねぇ」と思わせる個性は、このケリーのヴォーカルがあるからなんだよね、きっと。

お気に入りはM-4「Prayer」 アフリカンなビートがトーキングヘッズを彷彿させます。
M-8「Kreuzberg」外で聴いて泣いた曲。なんでこんな切ないんでしょか。
M-9「I Still Remember」は、これぞブロパ!な曲。
M-11「SRXT」もすきだなぁ。ラストをこんなキレイなバラードで締められると、たまんないね。

来週はいよいよライブだー!予習もばっちりだし、楽しみです♪
でも年寄りなので、疲れない程度に暴れてきます・・・(暴れるのか?^^;)
スポンサーサイト

カテゴリー:おんがく-CD感想

今日の一片-Ok Go


You don't have to be sick to be dying
you might as well give in
You don't have to lost to be lost
Oh, give in
You don't have to be alone to be lonely
you might as well give in

The house wins
Oh,the house always wins

死ぬために病気なる必要なんてない
諦めるだけでいいんだ
途方に暮れて迷う必要なんてない
諦めるだけだ
孤独になるために一人ぼっちになる必要なんてない
諦めるだけでいいんだ

この家の勝ち
いつだってこの家が勝つんだ
---------------------『The House wins』 by OK Go

洋楽を聴く場合、大抵はメロディ先行で好き嫌いを決めてしまうワタクシ。意味がストレートに入ってこないから、まぁ仕方ないですよね。で、多分こんな曲でしょ?って想像してからおもむろに歌詞を確認すると、大概は当たっていて満足します。でも「この言葉選びはしょっぱい・・・」とか「こんな陳腐な曲だったか・・・」とガッカリすることもしばし。
詞や言葉の表現って大事よね。

で、アホアホビデオですっかりコミックバンド的印象がついてしまったOK Goですが、詞はかなり硬派だったりするんだよね。
アルバム全体に漂う幻滅感と諦念観。今の彼らの国の実情を暗示してるかのようなけっこう暗めのトーンなんだけど、ポップなメロに乗せて歌ってます。
上に挙げた「The House Wins」もそんな曲。
諦めちゃえばラクだよ。簡単だよ。そう言いながら
「でも俺は諦めないけどね」てモノローグが聴こえてきます。

「家」が何を指すのかはアルバム全体に散らばるメッセージを読めば一目瞭然。アルバムラストを飾るこの曲、なかなか深いです。

さて、先日グラミー賞が発表になりましたが、OK Goも「Best Short Form Music Video部門」で受賞しました。おめでと~よかったねぇ。
で、喜びのPhotoがコレ。
壁紙化!?
ぎゃー!壁紙模様の全身タイツ!(いや、タイツじゃないけど)
アホや~(笑)でもこのアホさ加減が愛しいわ~(爆笑)

続いて新たなPVがYoutubeにアップされてます。
Do What You Want Wallpaper Ver.
DWYW

なるほど。グラミーの全身タイツはコレだったのか!ほんまアホや~~(笑)
でもトレッドミルほどのインパクトはないけどね、さすがに。

タイトルの「今日の一片」はシリーズ化しようかと思ってます。お気に入りの一片を時々載せてみようかな・・・と。
ネタが寂しい時とかね(笑)

カテゴリー:おんがく-つぶやき

Y.O Favorite Live レポ


Favorite live

ふー。やっとこ書ける・・・
2/11、六本木STBで、新たな伝説が生まれました!といっても決して過言ではない、すんばらしかった大澤誉志幸さんのライブ。
あれから数日があっという間に過ぎたけど、あの日あそこにいたファンのみなさんは、まだ思い出しては体が燃えそうになってることと思います。少なくともあたしはそうだよ。もう少ししたら燃えつき症候群かも(笑)
セットリストは前回の記事を参照していただくとして、さっそくレポにまいります。

メンバーは前回のSTBと同じくG是永さん、Bチロリン、Key富田さん、D宮川さん。相変わらずみなさんラフなお姿(笑)でも、演奏の方はクールながらも熱かった!今回、夜の部はステージが隅々見える至近距離を陣取り、大澤さん以外の皆さんの演奏テクをしっかり見てました。もっともあたしは楽器はなんにもできない人なので、どこがどーすごいのかよくわからんのですが^^;
でも皆さん終始なごやかで、でも鋭いアイコンタクトもかなり飛び交っていて、「ああ、今日の演奏も大変そうだ・・・」と感じました^^;
だって、全部で35曲だっけ?しかも初演奏ものや、久々な曲まであって、覚えるのも一苦労だろうなぁ・・・と。プロと言えど。でもこれぞプロ!な演奏だというすごいパフォーマンスだってことは、あの場で生で聴いたら誰でも感じるはず。体にすーっと沁み込む、無駄のない、でもソウルフルな音の数々。そこにあの大澤さんのすごいヴォーカルが乗るわけだ。まぁなんて、贅沢なひと時だったことでしょう・・・ぼーーー・・・(思い出して呆然)

MCがいつもより短めだった気がしますが(その分歌がたっぷりだった♪)、大澤さんは小学生の時からソウルやR&Bを聴いていたそうで。FENってラジオ(米軍放送だっけ?私も聴いてたなぁ)から流れる黒人音楽に惚れこんで、お父さんのギターを弾きながら歌っていたそうです。でもお父さんは古賀メロディーを弾いてたそうで(笑)
それからYoutubeの話をなさったのにちょっと驚き(笑)。そしてご自分の映像もあることに苦笑い^^; そう言いながら「Don't Take My Sunshine」を歌ってくれたのは、感動でしたねー。これが私的にはこの日のハイライトだったなー。ちょっと泣きそうになりました。
そして「大澤さんはソウルを歌うべくして生まれた人だ」ってこと、確信しました。何度もここで言っているけど、日本人の感覚じゃないんだよ、歌いっぷりが。もう本場のアーティストと全く引けをとらない、っていうか、孤高の境地に達してるかも。聴いてるこちらの体中の血が、ゴォォォォ!と逆流しそうなくらい震えて、熱くなってしまいます。あれぞソウルミュージック。魂に語りかける歌だよね・・・

昼の部の「Stand By Me」もよかったなー。この曲、演奏回数を重ねるたびに熱く進化してますね!この日の大澤さんには何かが降りてる?ってくらい、かっこよかったー!
JBの曲もよかったなー。テディの曲も大好きなので、嬉しかったー!
フィリーソウルつながりで贅沢を言わせて貰えば、スタイリスティックスの「You Are Everything」もあったら完全に泣いてたかも・・・

あかん。ちっともレポじゃない、ただの感想になってる。っていつもの事ですが、長くなりそうなので続きは追記にて~。

カテゴリー:大澤 誉志幸

Y.O Favorite Live


※2/28 セットリストアップしました。

2/11六本木STB。行って来ました。燃え尽きました。大澤さんは神です。
いやはや、かっこよかったしすごかったしやばかった・・・^^
余韻に浸ってぼーっとしてましたが、今日は連休ってこともあり、朝からドライブに行ってまして・・・
明日(あ、もう今日だ)も出かけねばならず。
なのでまだゆっくりレポは書けません;;
おまけに今回はSoul/R&Bのカバー曲中心のライブってことで、そのへんの曲名がいまいちわからなくて、セットリスト不完全でござる・・・;;
頼みのM姐さんも「わからん~」と言ってらしたので、こりゃ公式にアップされるのを待った方がいいかも知れません。
でもとりあえず、わかる曲だけ追記にて書いておきます。

2/28追記 公式サイトにアップされました。不明だった曲はアル・グリーンでした。M姐さん、さすが!
セットリストはこちらです。


【Vol.1】
1.Ring Ring
2.サディスティック・Cafe
3.I Got You (I Feel Good)(ジェイムズ・ブラウン)
4.If You Don't Know Me By Now(テディ・ペンダーグラス@ハロルド・メルヴィン&ブルーノーツ)
5.I'll Be Around(スピナーズ)
6.(仮)この胸にずっと(Life goes on)(高杉さとみさんへの提供曲)
7.naive
8.You've Got A Friend(キャロル・キング)
9.Body Revolution
10.Little Darling
11.This Old Heart Of Mine(アイズレー・ブラザース)
12.Stand By Me(ベン・E・キング)
13.Lovejenic
14.GoGo Heaven
En1.初恋
En2.トパーズ
En3.Just Can't Wait


------------------
【Vol.2】
1.Jokeでシェイク
2.One Night Shuffle
3.Deep Sleep
4.フリーウェイまで泣くのはやめろ
5.Freeze Frame
6.The Dark End Of The Street(ジェイムズ・カー)
7.(Sittin' On) The Dock Of The Bay(オーティス・レディング)
8.天使が消えた夜
9.Don't Take My Sunshine(ソウル・チルドレン)
10.Let's Stay Together(アル・グリーン)
11.いけない涙
12.I Want You
13.Love Healing
14.月と密林
En1.Scoop
En2.Lady Vanish
En3.ガラス越しに消えた夏
En4.愛する君へのバラッド


カテゴリー:大澤 誉志幸

ウキウキLive♪…でもその前に


2/11は大澤さんの今年初ライブ。今回はソウルやR&Bのカバー曲を中心としたセットになるそうで、もー楽しみでしかたないんすけど!
とはいえ最近はやかましい(でもちょい暗)ロックばかりへヴィロテで、ソウル系はさっぱり聴いてないんだな^^;ついていけなかったらどないしょ?でも気にしなーい!わかんなくても盛り上がってきます!大澤師匠、よろしくです!

で、その前にこないだおもろいサイトを見つけましたよ。ここにいらっさる皆様にも是非、見ていただきたい。
くすぶれ!モテない系
超有名サイトですから、もうすでに知っとるわい!ちゅー方もいらっさるかと。おもしろいよね~。げはげは笑いながら読んでしまいます。

モテ系とかなんとかゆーの、ありますよね。
いわゆる「えびちゃんもえちゃん系女子」が最近のモテ系だそーで。でもワタクシ、彼女らの魅力がさっぱりわからん&共感もできなくて、「もうトシだからついていけねーのか・・・」と落胆してました。
が、上のサイトを見て、それはトシのせいではなく私が
「モテない系女子」だからだということが判明しました!
そーか、ワシはモテない系だったんだ!あーすっきりよかったよかった!

・・・じゃなくてさ。
・・・よろこんじゃだめじゃん;;

どんな女子がモテない系であるかということを、かいつまんで書いてみます。たぶん「私もだ!」って女子がきっと続出かと思われますので。

・モテ系女子にあこがれつつも見下している
・ピンクの服が着れない(持ってない)
・自分のスタイルにこだわりすぎ
・「彼の色に染まりたい」なんて夢にも思わない
・ベストセラー小説に興味がない
・j-popのチャートにも興味ない
・でもじゃにーずはちょっとすき
・文系メガネ男子が好き
・音楽や文学に精通している男子を尊敬する
・くるりがすき
・アジカンもすきかも
・バンプもいーね(ダパンプじゃないよ、バンプオブチキンだよ)
・洋楽がすき

ざっと上げてみました。多少私の私感も入ってますが。
どですか?あなたも入りませんかここに。
だったら立派なモテない系だす。おめでと~~

・・・あーあ。ベストセラー小説ほとんど読まない私は、もー典型的ですよ。せかちゅーすら読んでないもんね。(でも周りの友達も誰一人読んでないんだけど・・・類友?^^;)
くるりやバンプはあと10歳若かったら、きっとすきだったと思うんだ。
「ブロックパーティは暗いとこがいいよね」なんて言ってるようじゃダメよね。その前に、洋楽しか最近聴いてないんじゃーねぇ・・・^^;;;

大澤ファンの姉さま方はどっちなんでしょうかねぇ?大澤さんは日本人だけど、音楽的には日本人離れしてるしね~。おほほほほ。
そんなことを思いながら、あさってのライブ楽しんできます。

モテなくたって気にしねーよ!!!
えびちゃんはこんな口のききかた絶対しない・・・ 

カテゴリー:おんがく-つぶやき

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。