Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

2005年12月

DATE

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Thanks!


ごんた

年末の非常にあわただしい中ですが、ブログ更新は頑張るぞ!とネタもあれこれ仕込んでいたのですが、事情により年内留守にする事になってしまいました。
(詳しくは「りきにっき」に記しておきました)

ブログを始めて1年ちょっと、管理人の多趣味で浮気で不埒な気性にあわせ、たくさんの方に来訪していただいた事、大変嬉しく思っています。みなさんホントにどうもありがとう。
最近では右サイドバーのカテゴリー欄にRS氏のカテゴリも追加したことだし(誰も気づいていなかったかと思いますが^^;)、来年はさらに多方面に猪突猛進、気合を入れて記事を書いていく所存でございます。
(でも『引き出し』はこれ以上、むやみに増やさないようにしたいです・・・^^;)
こんな私ですが、来年もどうぞ宜しくお願い致します。
それではみなさま、健やかなる新年をお迎えください~~~♪

p.s 写真は夫の実家のわんこのゴン太@幼少時。
  来年の干支にちなんで初公開^^
スポンサーサイト

カテゴリー:つぶやき

ヘビロテ2005


みなさん、メリークリスマスでした!(過去形)

はいはい、いつまでもクリスマス~♪などと浮かれてちゃいけませんよ。ここのテンプレもとっとと替えました。が、ちょっと寒そうな色合いになってしまいました・・・すんません。
なんたって2005年もあと数日で終わりですからね~。あれもこれもとしなくちゃならない事が沢山ありますが、まずブログ的には一年のまとめ的ネタをアップさせたいと思います。
題して「ヘビロテ2005」。今年私が聴いた曲の中で回数が多いものをちょろっとピックアップしよーかなーと。
去年の暮れにi-Podを購入してから、音楽は殆どPC(i-Tunes)で聴いているんですが、再生回数がカウントされているのです。見ると自分のハマリ具合や好き具合が一目瞭然(笑) あたしって、好きな曲はとことんそればっか聴いてるんだな~ワンパターンやなぁ・・・と苦笑してしまいます。

そんな訳で1番聴いてたのがこちら。
20050112165914.jpg
「Candy-O」 by The Cars (アルバムCandy-Oより)
ダントツでカウントされてました、この曲。次に多かったのが同じくカーズの「Drive」、その次もカーズで「Wake Me UP」。しかもベンのヴォーカルものばかりで、いかに自分がハマっていたかが伺われます(笑) ベンの低音ヴォーカルが好きなので、イギー・ポップのカバー「FUNTIME」なんかもたまりません。あ~ゾクゾクする♪
カーズの再結成はありえないけど、もしベンが今でも元気いてくれて再結成したりしたら、私は大変なことになっていたでしょう。身が持たなかったかも^^;;;

お次はこちら。
b_53.jpg
「Good People」by Jack Johnson  (アルバムIn Between Dreamsより)
今年の夏はどこにいてもジャック・ジョンソンでした。これもハマッたなぁ。力まず自然体で歌うジャックの涼しげな声と、ウイットに富んだ曲。好きだなぁ。「Banana Pancakes」って曲もよく聴きました。
こんど日本にきたら、絶対ライブが見たいです。(今年は行きそこなったので;;)

これもよく聴いたな~!
Airplay
「She Waits For Me」 by Airplay (アルバムAirplayより)
夏ごろ発売された紙ジャケリマスタ盤。昔のものと比べて音がクリアで気持ちいいほど良くなってました。ドライブ中のマストアイテムでしたね。再生回数は「She Waits For Me」が一番だけど、大抵全曲とおして聴いてました。そーだ、一緒にビル・チャンプリンの「独身貴族」も聴いてたな♪

もちろんこの人たちも♪
OKOS
「Standing In The Shadows Of Love」 by Daryl Hall & John Oates(アルバムOur Kind Of Soulより)
マイPCにはホール&オーツの曲が一番沢山入っているので、もちろん一番聴いていたのは彼らの曲です。「Standing~」はダリルのスリリングでセクシーなヴォーカルが堪能できるので、ヘビロテだったのかな?他には「Man On A Mission」、「Do It For Love」、「Breath Of Your Life」などアルバム「Do It For Love」からの曲が多かったな~。ダリルソロもよく聴いてます。「What's In Your World」「I'm In A Philly Mood」、ケニーGさんと共演した「Baby Come To Me」など、ムーディなのが多いわ。むふ♪

そりからこの方もね♪
Y
「青い鳥~Loiseau Blue」by 大澤誉志幸  (アルバムYより)
大澤さんも全曲入れてるので、よく聴いてます。「Y」ってアルバムは聴けば聴くほど味の出る"スルメアルバム"です。「Favorites」というカバーアルバムに収録されてる「I Saw The Light」もよく聴いてます。トッド・ラングレンのオリジナルとはふた味ぐらい違う、大澤流にしているところがすごいトコです。意外(?)なとこでは限定発売CDに収録されてる「ろべかる」。ドリブルがしたくなる曲です^^

あ、若い人のも聴いてるぞ!(笑)
b_52.jpg
「Deep And Meaningless」 by ROOSTER (アルバムROOSTERより)
ルースター、入手直後はヘビロテってたなぁ。若手の中では期待株なんでしょうかね?最近のロック事情にはまるで疎いので、ようわからんのですが、某音楽誌でスガシカオ氏が「ルースターのライブDVDが良かった」と褒めちぎってたので、それも見てみたい。でも今はあれこれ気が回らないから、もうちょっとしてからね^^;

最後は今一番ヘビロテ中。
Karma
「Act Of Faith」 by Rick Springfield (アルバムKarmaより)
先日のライブ後、ひたすら聴いているRickのアルバムですが、ここ1週間は比較的最近リリースされたものばかり聴いて、改めてRickの音楽性の幅広さに圧倒されています。ライブ直後はミーハー気分爆発気味な私でしたが、今はそんな気分も吹き飛びつつあります。
深味のある詞、アグレッシブかつ洒落た音作り。セクシーな歌声。どれも私のツボをついてきます。中でも「Act Of Faith」は私の心の琴線に触れる曲。他には「Free」のライブヴァージョン、「Honeymoon In Beirut」、「Eden」などなどが今はツボだなぁ♪

こんな感じで新しいものはあんまり聴いていない私です(笑) 来年はもうちょっと流行りものにも目を向けようかしら。向けるべきものがあるといいけど。なんちゃって♪

カテゴリー:おんがく-CD感想

Live & Kickin' / Rick Springfield


live and kickin'

すいません。まだ浮かされております^^; 今日は一日お休みだったので、ひとり家でじっくりDVD鑑賞会。観ていたのはこちら。
「Live & Kickin'」 by Rick Springfield
「Working Class Dog」(邦題ジェシーズ・ガール)や続く「Success Hasn't Spoiled Me Yet」(同アメリカン・ガール)というアルバムの大ヒットで、ノリに乗ってた82年のライブ映像です。真夏のホールライブのせいか、リックもバンドメンバーもお客さんもみんな汗だく!ものすごい熱気が伝わってきます。私がリックを大好きだったのもちょうどこの頃なんだな~。真っ白なノースリへそ出しTシャツ姿でギターを抱えて走り回り、飛び回るリック。ほえー、めっちゃかっこいいぞー!!夢中だったワケだわ私。今見ても目がハートになってるし、心臓ばくばくだもん。うっとり・・・♪

しかしこれ、いいですね。ギター、ベース、ドラムにキーボードのみのシンプルな編成で、ひたすら楽しいロックンロールショウを繰り広げてます。リックの音楽ってRCA時代初期の頃はこういうタイトでシンプルなものが多かったのですが、私はこの頃の音がすごく好きなので、単純に嬉しい。楽しい。リックのギタープレイも存分に堪能できるし。オベーションかき鳴らすところなんて、悶絶モンでかっこいいし、うまい!キーボードの弾き語りでじっくり聞かせる「Inside Silvia」も切なくていいです~。それからジャンプしながらエレキかき鳴らしてたり。なぜあんなカッコで弾けるんだろう?ギターと体が一体化してますね。すごいな~かっこいいな~(って、それしか言えないよ^^;)

カテゴリー:Rick Springfield

熱に浮かされて~~


タイトル↑は敬愛するY・O氏のかっちょいい曲の名だけど、内容は先日の続きです^^;
ここにいらっしゃるH&OやY・Oさんのファンの方々は、「ほんとに気の多いヤツだ」と呆れ返られるでしょーが、ワタクシ未だRick熱にやられたままです。あ~参った。こんなんなる予定じゃなかったのよ。生活にも支障が出そうな勢いなんですけど・・・^^;;;

今年の7月に何気なく買ったRickのカバーアルバム「The Day After Yesterday」、ジャケットの彼があまりにも変わっていなくて驚き、色々調べたら今でも元気に全米中を回っているとわかり、その時に実はかなり気持ちがウズウズしていたのです。アルバムもとても良くて、昔よりハスキーになったヴォーカルはセクシーでまさに私好み。去年出たアルバムも聴いてみたかったけれど、あまりのめりこむと80’sに彼に夢中だった熱がぶりかえして大変なことになってしまふ・・・と思い、必死に踏みとどまっていました。

が、そんな揺れる乙女心を見透かされてしまったかのよーな今回の来日ライブ。しかも今まで経験したこともないすんごいパフォーマンスを見せてもらっちゃったものだから、これはおかしくならない方がおかしい!(ヘンな日本語) 冷静にいられる訳ありません!

と言うわけで、ただいま熱に浮かされて、CD聴いたりDVD観たり、84年の主演映画のパンフレットながめたりして浸っています。映画の内容は殆ど覚えてないんだけど(おいおい)、Rickのお尻(もちろんハダカ)が見えたな~なんてことだけ覚えてる・・・て言うか妹と「お尻を見に行こう!」を合言葉にいそいそ出かけたのを覚えてます(笑)

公式サイトrickspringfield.comのメインページに早くも先日のライブの写真が載ってます。「Cheese!」の掛け声と共に舞台からRickが撮ったもの。みんなの嬉しそうな笑顔があの日の楽しさを物語っています。自分もあのどこかにいるんだと思うだけで幸せ。写真って、こういう幸せを再体験するためにあるんだね。
先日のライブの感想の中に「カメラを構えていた人が気になった」などと不満めいた事を書いてしまったけど、あれは私が、規制バリバリな日本式のライブに慣らされているからなのよね・・・。あちらじゃ撮影OKだもん、かたい事考えずにもっと自由に楽しめばよかったな。

Rickが撮った写真をみてすごく驚いたんだけど、お客さんは男性のほうが多かったね!これはビックリ!なんせ久しぶりのRick熱ですから、最近の動向もわからずどんな曲を書いているのかも知らなかった私。外見が変わっていないから、音楽的にも変わっていないんじゃないかと思っていたけど、去年リリースされたアルバムをやっと聴いて、ぶっ飛びました。ヒジョーに骨太で渋い、しかもスピード感もあるハードロックがそこには展開されておりました!なるほど~この野郎ファンたちは、Rickのロック魂に共感している訳か~。と、ひとり納得しております。
片手で私のよーな往年のミーハー乙女ファン(き、きもいな;)、もう片方の手でギターロック小僧たちの心をわし掴みにして去っていったRick。あまり遠くない未来に、もう一度来てね。待ってるよ。

最後におまけ。当日私が撮った写真。借りたケータイでお客さんを撮ってるとこです。
rick

カテゴリー:Rick Springfield

Rick Springfield Live2日目


rick
続けて2日目。セットリストが少し変わっていたけどやっぱり覚えていません~^^;
前日のことがスポーツ紙(SANSPO.com)載ったせいか、この日はしょっぱなからケータイで撮りまくる人がたくさん。こうなるともう無法地帯ですね^^;でも目の前にリックがいるのに、よくみんな撮れるよな~。私なんて肉眼で見ないともったいなくて、そんなマネはできなかったよ。
昨日もですが、男女比率は半々ぐらいでした。私は両日とも男性に挟まれた席だったけど、どちらもノリのいい人たちだったので、この日も一緒にひゅ~ひゅ~言いまくり、コブシ突き上げっぱなしで汗だくでした^^;
演出も前日と同じ。オープニングは学ラン着てた(笑)サイズがぴったりだったから、ファンからのプレゼントかな?でも暑かったのか2曲目で脱いじゃった。
「Don't Talk To Strangers」では私の近くにいたッ警備のお兄さんと(固まってた・笑)小さな女の子がターゲットに。リックがその子に「sing for me~~」とお願いポーズしてたのに萌えました(笑)
またまた矢継ぎ早に曲は進み、いよいよ乱入タイム!この時ちょっとだけ二の腕にタッチしてしまいました~!汗びっしょりで熱かったよ~^^
それからこの日もケータイパフォーマンスを披露。この時は取り出して数枚シャッターを切ったけど、やっぱりちゃんと写らないのでとっととしまってノリノリしました。リックは借りたケータイでお客さんを撮ってました(笑)それからそれをスライドバー代わりにしてギターをギュイ~ンと。これかっこよかったなー♪でもあのケータイ、キズだらけだろうな^^;
その後「HUMAN TOUCH」では、とうとう1階席最後列まで行ってしまいました(笑) 後ろのお客さんも良かったね~^^隅々まで気を配るリック。気さくで気のいいおにいちゃんと言った感じで、ますます惚れてしまいました^^

カテゴリー:Rick Springfield

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。