Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

Rick Springfield

CATEGORY

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

Rick Springfield live @ Billboard Live Tokyo 10.04.30


RickinBillboard
(5/14:追記あり)
ふ~・・・大澤さんの翌日はリック・スプリングフィールドのライブでした。
4/30、5/1の2日間で2回ずつのステージ、私が行ったのは30日の2nd。
前回の来日は2005年の12月。え!?あれから4年半も経ってたの!?
4年経ったらリックは何と、61さいになってました!ひえ~~
でも相変わらずのイケメンぶり・・・腹も出てないしカッコいい還暦越え。
声も前回のときより出ていた気がします。(前回は風邪気味だったんだっけ?)

モーションブルー横浜の次はビルボードライブ@六本木、またしても大人スポットです。
こういうおされな場所もすっかり慣れたわねおほほ。
(・・・なんちて。お友達との待ち合わせ場所間違えて迷惑かけたのは誰?)

最新曲から懐かしのヒット曲までとてもよいバランスで選曲され、
1時間15分ほどだったんだけど最後まで全力投球でロックするリック。
私の席(5階のカジュアル席)からはわからなかったけど、汗だくだったはず。
お約束の「Human Touch」での客席乱入&みんなにタッチ もありました。
こんな感じで↓

これは何日目の映像かな?初日の1st?
ビルボードのテーブルの上を練り歩いたアーティストは、他にいないんじゃない?
しかも階段駆け上ってDXシートのテーブルの上まで来ちゃったよ(笑)
(そういえばトッド・ラングレンも上まで来たけどね)
最後は5Fの人たちまで立ち上がって大騒ぎ。いや~楽しかった。
毎度あのサービス精神には頭が下がります。ホントにいい人なんだろうなぁ。

そうそう、「Don't Talk To Strangers」ではいつもお客さん一人一人にマイクを向けサビを歌わせるのですが、前回の時は警備員の方に歌わせようとしてたリック、今回はビルボードスタッフの若いお兄さんが犠牲者に(笑)
羽交い絞めにされて歌わされてました。お兄さん、歌ってくれてありがとう。ちょっと歌詞間違ってたのはご愛嬌^^

セットリストはこちら(某所より拝借)
2010.04.30 2nd
1,Mr.PC
2,I've Done Everything For You
3,Affair Of The Heart
4,I Get Excited
5,Living In OZ
6,Venus In Overdrive
7,Love Is Alright Tonight
8,Crossroads(Eric Clapton / Cream)
9,Don't Talk To Strangers
10,Love Somebody
11,Human Touch
12,Jessie's Girl
EN,Wild Thing

カバー曲はクラプトン(とWild Thing)だったのか~
他の日には、ウイングスのJetなどもやってたそうですね。それも聴きたかった!

そういえばいつも最後にオープンするステージ後方のカーテンが、この日は開きませんでしたね。
だからもう1曲あるのかな?って期待してしまいました。時間の関係だったのかな~。
カーテンが開くとこちらのテンションも上がるので、ちょっと残念といえば残念。
でも、ライブはよかった!また絶対来てねー!これからもずっとRockしてて欲しいです。

5/14追記
ビルボードライブのサイトにレイブレポが上がっています。
⇒Rick Springfield Live 10.04.30(1st)
スポンサーサイト

カテゴリー:Rick Springfield

EMMY AWARD2006にて


おひさしぶりんのRick Springfieldの話題です。
先に行なわれたエミーアウォード(ってエミー賞の授賞式?)で、リックがパフォーマンスしました。
こちらでその勇姿が見れます。
⇒ YouTube

オフィシャルでも見れたー!
Rick Springfield.comビデオ
こっちの方が画像がきれいだけどWMPオンリーです。

昨年暮れの来日ライブの際にスタッフからもらったと言う学ランを着てのパフォーマンスです!なぜだリック?なぜあの場で学ランを!?
よほど気に入ってしまったのだろうか(笑)
だったらライブ中にもっと着てて欲しかったよー(2曲目で脱いじゃうんだも)
しかしあのカッコがサマになってしまうとは、なんて56さいだ。サギだー!

でもできれば中には白シャツ着て欲しいけどね(笑)

ところでリックとは何の関係もないんだけど・・・

カテゴリー:Rick Springfield

The Day After Yesterday / Rick Springfield


同じアルバムのことを2度書くのは初めてです^^
先日買ったRickのカバーアルバムの日本盤、やっとじっくり聴きました。
メガネRick
「The Day After Yesterday」 by Rick Springfield
写真はCDのバック写真。メガネ姿もかっちょいい~♪
思い起こせば昨年7月、偶然知ったこのアルバムの発売。収録曲を知って、即刻購入ボタンを押したんだっけ・・・。Rickの最新作を聴くのは数10年ぶりだったから、正直「おそるおそる」聴いたのでした。あれから半年。80年代にRickに夢中だった頃の気持ちがすっかり復活し、曲を聴いては相変わらず浸る毎日。ここまでハマってしまうとは、全く思ってませんでした・・・いや、そんなことないな。ハマるのはわかりきっていたから、躊躇していたんだな。
なんてゆーかこの人には、見る人聴く人を熱狂させる「オーラ」があるんだよね。それは「アーティスト」と言われるどんな人にもあると思うんだけど、Rickの場合はそれがやや濃いめ、のよーな気がする。ライブ・パフォーマンス然り、歌声然り、生き方然り。生まれ持ったスターのオーラとでも言うのかしら。それでもってご本人はとても常識的な「いい人」らしい。そんなギャップもたまんないのよね。え?ひいき目ですか?そーですか^^;

詳しい事は以前の感想を見ていただくとして、この日本盤のポイントは、Rickご本人による解説がちゃんと付いていることね。カバーする際の音(アレンジ)に対するこだわりや、曲への思い入れなども語られていて、とてもよいです。
それからボーナストラックとしてトッド・ラングレンの「Love Is The Answer」が収録されてることが、私的にポイント。これはトッド率いるバンド・Utopiaの77年の曲で、聞き比べてみるとアレンジがかなりRick色になってて面白い。曲展開がスッキリして、壮大なゴスペルソングなオリジナルよりもRockな雰囲気になってます。アレンジにこだわったと言う理由が何となくわかった気がする。他の曲のオリジナルも聴きたくなりました。
ところで解説でRickは「トッドの大ファンなんだ(笑)」と申してます。へぇ、そーなのか^^でも何故『(笑)』なのですかね?照れてるの?(笑)
ロッド・スチュアートもカバーしていると言う「Can We Still Be Friends」なども、Rickの声で聴いてみたいなぁ。


私のお気に入りは、
10cc「I'm Not In Love」
大好きな歌。イントロの鼓動にドキドキし、続くRickのヴォーカルが切なくエロい~♪
Mr.Mister「Broken Wings」
リチャード・ペイジとの息の合ったデュエットは、さすが仲良しって感じ^^
Gerry Rafferty「Baker Street」
サックスが唸ってる~渋い~!こういうの好きです♪
The Blue Nile「Let's Go Out Tonight」
低音&ハスキーフェチとしてはセクシーでたまらん~><後半のオクターブ上がるトコもいいねぇ(うっとり)
Foreigner「Wating For A Girl Like You」
これもすんごい好きな歌なんです。ソウルフルに歌ってくれて嬉しい。
The Beatles「For No One」
さらりとしてるけど、心に残る曲だね~。Rickはもしかしてこれが一番歌いたかったのでは?何となくそう思いました。


Rickは2004年にヒジョーに濃厚でかっちょいいROCKなアルバムを出していますが、後追いで聴いた私はちょっとビックリしました。あのアルバムの後にこのよーなアダルトで落ち着いたアルバム作っちゃうとは・・・と。これは反動?それともどっちも正しいRick?だとしたらとんでもない2面性を、さりげな~く見せてるよねこの人は!次のアルバムはいつになるかわからないけど、とてつもなく楽しみです~♪

カテゴリー:Rick Springfield

Live & Kickin' / Rick Springfield


live and kickin'

すいません。まだ浮かされております^^; 今日は一日お休みだったので、ひとり家でじっくりDVD鑑賞会。観ていたのはこちら。
「Live & Kickin'」 by Rick Springfield
「Working Class Dog」(邦題ジェシーズ・ガール)や続く「Success Hasn't Spoiled Me Yet」(同アメリカン・ガール)というアルバムの大ヒットで、ノリに乗ってた82年のライブ映像です。真夏のホールライブのせいか、リックもバンドメンバーもお客さんもみんな汗だく!ものすごい熱気が伝わってきます。私がリックを大好きだったのもちょうどこの頃なんだな~。真っ白なノースリへそ出しTシャツ姿でギターを抱えて走り回り、飛び回るリック。ほえー、めっちゃかっこいいぞー!!夢中だったワケだわ私。今見ても目がハートになってるし、心臓ばくばくだもん。うっとり・・・♪

しかしこれ、いいですね。ギター、ベース、ドラムにキーボードのみのシンプルな編成で、ひたすら楽しいロックンロールショウを繰り広げてます。リックの音楽ってRCA時代初期の頃はこういうタイトでシンプルなものが多かったのですが、私はこの頃の音がすごく好きなので、単純に嬉しい。楽しい。リックのギタープレイも存分に堪能できるし。オベーションかき鳴らすところなんて、悶絶モンでかっこいいし、うまい!キーボードの弾き語りでじっくり聞かせる「Inside Silvia」も切なくていいです~。それからジャンプしながらエレキかき鳴らしてたり。なぜあんなカッコで弾けるんだろう?ギターと体が一体化してますね。すごいな~かっこいいな~(って、それしか言えないよ^^;)

カテゴリー:Rick Springfield

熱に浮かされて~~


タイトル↑は敬愛するY・O氏のかっちょいい曲の名だけど、内容は先日の続きです^^;
ここにいらっしゃるH&OやY・Oさんのファンの方々は、「ほんとに気の多いヤツだ」と呆れ返られるでしょーが、ワタクシ未だRick熱にやられたままです。あ~参った。こんなんなる予定じゃなかったのよ。生活にも支障が出そうな勢いなんですけど・・・^^;;;

今年の7月に何気なく買ったRickのカバーアルバム「The Day After Yesterday」、ジャケットの彼があまりにも変わっていなくて驚き、色々調べたら今でも元気に全米中を回っているとわかり、その時に実はかなり気持ちがウズウズしていたのです。アルバムもとても良くて、昔よりハスキーになったヴォーカルはセクシーでまさに私好み。去年出たアルバムも聴いてみたかったけれど、あまりのめりこむと80’sに彼に夢中だった熱がぶりかえして大変なことになってしまふ・・・と思い、必死に踏みとどまっていました。

が、そんな揺れる乙女心を見透かされてしまったかのよーな今回の来日ライブ。しかも今まで経験したこともないすんごいパフォーマンスを見せてもらっちゃったものだから、これはおかしくならない方がおかしい!(ヘンな日本語) 冷静にいられる訳ありません!

と言うわけで、ただいま熱に浮かされて、CD聴いたりDVD観たり、84年の主演映画のパンフレットながめたりして浸っています。映画の内容は殆ど覚えてないんだけど(おいおい)、Rickのお尻(もちろんハダカ)が見えたな~なんてことだけ覚えてる・・・て言うか妹と「お尻を見に行こう!」を合言葉にいそいそ出かけたのを覚えてます(笑)

公式サイトrickspringfield.comのメインページに早くも先日のライブの写真が載ってます。「Cheese!」の掛け声と共に舞台からRickが撮ったもの。みんなの嬉しそうな笑顔があの日の楽しさを物語っています。自分もあのどこかにいるんだと思うだけで幸せ。写真って、こういう幸せを再体験するためにあるんだね。
先日のライブの感想の中に「カメラを構えていた人が気になった」などと不満めいた事を書いてしまったけど、あれは私が、規制バリバリな日本式のライブに慣らされているからなのよね・・・。あちらじゃ撮影OKだもん、かたい事考えずにもっと自由に楽しめばよかったな。

Rickが撮った写真をみてすごく驚いたんだけど、お客さんは男性のほうが多かったね!これはビックリ!なんせ久しぶりのRick熱ですから、最近の動向もわからずどんな曲を書いているのかも知らなかった私。外見が変わっていないから、音楽的にも変わっていないんじゃないかと思っていたけど、去年リリースされたアルバムをやっと聴いて、ぶっ飛びました。ヒジョーに骨太で渋い、しかもスピード感もあるハードロックがそこには展開されておりました!なるほど~この野郎ファンたちは、Rickのロック魂に共感している訳か~。と、ひとり納得しております。
片手で私のよーな往年のミーハー乙女ファン(き、きもいな;)、もう片方の手でギターロック小僧たちの心をわし掴みにして去っていったRick。あまり遠くない未来に、もう一度来てね。待ってるよ。

最後におまけ。当日私が撮った写真。借りたケータイでお客さんを撮ってるとこです。
rick

カテゴリー:Rick Springfield

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。