Tomorrow song

大好きな音楽のことなどをまったりのんびりと・・・

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

2008お気に入り曲Best20


先月最後の日曜日に、河口湖に行ってきた。相方とゆかいな仲間たち計3名が河口湖マラソンに毎年エントリーしているのだ。素人ランナーなので皆4時間半ぐらいかかってのんびり(本人たちは必死)湖畔を走ります。
移動はわが家の車なので、毎年一番お気に入りのCDを何枚か連れていく。私以外の「ゆかいな仲間」3人は洋楽に興味ない&走った後は疲れてぐったり、そして絶対眠くなるので、せめて眠気のこない、元気の出そうな音楽を・・・ということをいつも考えてノリに重点を置いて持っていく。否みに去年はXTCの「Oranges&Lemons」と、BRMCの「Baby81」だったかな?XTCは良かったけどBRMCはちょっと眠かった(α派が出る系)かも^^;

今年は自分でコンピでも作ってみようと思い、iTunesにリストを作ってそれをCD-Rに書き写しました。こうやって作るとちょー簡単だね。今まで違うソフト(Dragn' Drop CD) でちまちま作ってた・・・めんどくさかった^^;

そんなわけで今年よく聴いたお気に入りの曲ばかり20曲で作ってみたよ。リストはこんな感じ。

1.Great DJ (The Ting Tings)
2.That's Not My Name (The Ting Tings)
3.Flathead (The Fratellis)
4.Empire (Kasabian)
5.Viva La Vida (Coldplay)
6.The Sound Of Settings (Death Cab For Cutie)
7.Death Of An Interior Decorator (Death Cab For Cutie)
8.Do You Want To (Franz Ferdinand)
9.L.Wells (Franz Ferdinand)
10.Nowhere Again (The Secret Machines)
11.Run-Away (Super Furry Animals)
121.Hello Sunshine (Super Surry Animals)
13.Lips Like Sugar (Echo & The Bunnymen)
14.April Skies (The Jesus & Mary Chain)
15.Fruit Machine (The Ting Tings)
16Shut Up and Let Me Go (The Ting Tings)
17.Ain't No Easy Way (BRMC)
18.Awake (BRMC)
19.Molly's Chambers (Kings Of Leon)
20.Here Goes It Again (OK Go)

・・・よく見たら今年の曲じゃないのばっかりじゃん。そして実はあんまり聴いてない曲もある(笑)
でもつなげて聴くとなかなかいい感じです。緩急あるし、女子の声も混ざってるし(笑)
The Ting Tingsが最近お気に入り。ええ、発泡酒のCMで聴いてまんまとハマったのよ。
ボーカルのおねいちゃん、美人じゃないけどなんかカッコいくて好きなタイプなのだな。なぜかブロンディのデボラ姉さん思い起こさせるのです。なんでだろ?別に似てないのに。


そうそう、Ting TingsはiTunesストアでDL購入してみたのだ。遅ればせながらDL購入デビューを果たしたよ。簡単でいいね。でもCDが手元にないのは、寂しい。個人的には買ったうちに入らない気がしますわ。
ついでにフラテリスとカサビアンとコープレも1曲ずつ買って見た。曲単位で聴きたいときには便利ですな。

スポンサーサイト

カテゴリー:おんがく-つぶやき

Jesus & Mary Chain Live @ 渋谷クアトロ


3週間も前のライブの感想、いまさら書くの巻き。読んで喜んでくれる方はもうあまりいないだろうケド・・・^^;
サマソニの翌日、8/11、ジーザス&メリーチェイン(JAMC)の渋谷クアトロ。
既にもう音楽雑誌などでサマソニのレポが上がってきているが、ちらりと読んだ限りでは彼らのライブへの感想はごくありきたりな、当たり障りないものだったような・・・同時代の再結成組ということでマイブラあたりと比べて述べられていたりすると、JAMCはやや分が悪い。(マイブラが素晴らしすぎたらしいから・・・?) 確かに「すごい!感動した!」っていう系統のライブではなかった・・・なんていうか、感想が少々述べ辛いというか、何と言えばいいのか良くわからないと言うのが正直なところだった。でもなにかがひっかかる。心にひっかかる。それがナンなのか、この3週間ずっと考えていたらこんなに時間がかかってしまった・・・

ライブはサマソニと同じく1時間少々、セットもほとんど同じ(クアトロが1曲多かったかな?)、MCもほとんどなく客席と積極的にコミュニケーション取ろうとはしないリード兄弟。お客も目当ての曲のイントロが流れると「うおー」と盛り上がるのだが、会場が一つになるというものではなく、終始微妙な空気が漂っていた。

でもそんな空気を意に介することなくステージの彼らは淡々とこなしていた。残念だったのは時おりベース音がひび割れ、ジム・リードのヴォーカルが聞き取れなくなったこと。クアトロは決して音がいいスペースではないから仕方がないか・・・サイドギターもなんだかこの日は調子が悪かった。うーん微妙な空気はやはりこの音の悪さのせいだろうか・・・でもともするとグダグダになりそうな音を、ドラムがタイトなリズムで引き締めていた。

一番盛り上がったのはサマソニ同様「Just Like Honey」だった。あのイントロにはやはり心がキュンとなるよね。それから「Side Walking」、「Darkland」。ラストの「Reverence」では♪I wanna die~と合唱もおき、サイケな音の奔流にみんな身を任せていた。
終始クールなリード兄弟だったが、ジムは時折「サンキュ」とつぶやき、ウィリアムは呼びかけに答えてチラリと手を振った。サマソニでは兄弟が声を掛け合う場面はなかったが、この日は少しだけコンタクトしていた。「次なに?」「アレだろ」みたいな短さだったけど、噂されていた不仲な雰囲気は漂っていなかった・・・と思う。でも緊張感はそこそこ感じられた。それは常にヴォーカルのジムの横顔から感じ取れた。

ジムは歌いながらずっと前方を見据えていた。どんなに名前を呼ばれても、客席にはほとんど目をやらなかったと思う。目を閉じて自分に没頭するわけでもなく、ただひたすら前方を、どこを見るでもなく見ていた。その目がとても冷ややかでキレイだった。
私がこの3週間ずっとひっかかっていたものは、この彼の目だ。一体どこを、どんな虚空を見つめていたんだろう・・・それが気になって仕方ない。

JAMCは今後一体どうなるんだろう。このままツアーを続けるとは思いにくい。彼らのプライドから考えても、いつまでも懐メロツアーをやるとは思えない。新しいアルバムを作るんだろうか?(一応作成中というアナウンスはあるけど)
だからあの日ジムが見つめていた先がとても気になる。彼には道すじが、自分の未来が見えていたんだろうか。

後から知ったのだが、ドラマーは元Ride、ベースは元Lushだそうだ。コクトー・ツインズのロビン・ガスリーもギターでサポートしたことがあるそうだ。リード兄弟はグラスゴーの引きこもり兄弟なんて言われてるそうだが、実はしっかりした人脈を持っていたのね。(もっとも今、兄のウィリアムはアメリカに住んでいるそうだが)


なんだかいつもとちょっと違う文体で書いてしまいました。でもJAMCに関してはおちゃらけられない何かがあるような気がしたのよ、それがナンなのかはやっぱり今でもわかんないんだけどね~

カテゴリー:らいぶ

(今さらですが)サマソニ08


ようやくお仕事が一段落ついたので、サマソニの感想を書きます。もう20日近くたつので、かなり記憶が薄れておりますが、やっぱ初サマソニだしね、今後の自分のためにも記録しておかなければ。

当日は日差しがやや弱く過ごしやすそうな気温。でもやっぱり現地(幕張)は暑かった!リストバンド交換所(1日券の方ね)がメッセよりもずっと先のマリンスタジアム横なんだもん、駅から遠いじゃねーか!メッセを通り過ぎて歩くうちに早くも汗だくでクラクラしてきちゃった。ようやくたどり着きふと目先を見ると、移動用の無料バス乗り場が。そーかコレに乗って移動すりゃよかったんだ。と思いつつもまた歩いてメッセに戻った私は暑さで完全に頭回ってなかった。先が思いやられた出だしでした・・(笑)

とりあえず空調の効いたメッセに入り、お友達にメール。まだ到着まで間があるということだったので、一人で「ソニックステージ」に。ちょうど「Against Me!」が終わったところでした。間に合ったら見ようと思ってたのにな、残念。

お次はお目当てその1のスーパー・ファーリー・アニマルズ(SFA)。ごそごそと前方の開いてるスペースに移動。結構前の方に行けましたが、周りはでっかい男子ばっかりで、いざ始まったら背伸びしてもステージが良く見えないという状態に・・・ぐすん。
でもね、たーのしかったーーーSFA!最初にこんなかぶりものして出てきたのには笑っちゃったけど。
かぶりもので登場
ヘルメットかと思ってけど、よく見りゃ怪獣のマスクだったのね。口にマイク突っ込んで歌ってたよ(笑)


SFAを見たのは私は初めてだったけど、周りはSFAだーいすき!って感じのファンばっかりで、バンドともどこかツーカーで、とてもアットホームな雰囲気。みんなニコニコ楽しそうで暖かくて、彼らの音楽そのままの雰囲気でした(でもSFAって歌詞は相当ひねくれてる^^;)。
ぎゅうぎゅうだしステージは見えなかったけど、すんごい楽しかった!
途中でギターの人が頭の上で両手をピロピロ~とやると、お客さんたちもそれに答えてピロピロ~。まるで宇宙人との交信みたいな?(笑)あれはおなじみのパフォーマンスなんだろうね。会場の一体感が増しておりましたわ。もちろん私も「なんじゃこりゃ~」と言いつつやりましたよ(笑)
それからヴォーカルのグリフが生のにんじんをかじる音でリズム取って、その後口に含んだにんじんを頭上に吹き上げてたけど、アレ自分にかなりかかったんじゃないかな・・・にんじんシャワー(笑)
グリフは1曲歌うことに「アリガトウゴザイマシタ」って言ってたのが印象的だった。お茶目で楽しいSFAだけど、演奏は鉄壁。いい音出してたわ~!単独で来たときは是非また行きたいです。

SFA終了後、お友達から連絡があり、1階に上がってご対面。バニーメンファンのMさんですが、今日のお目当てはメリーチェイン。お初のご対面でしたがそのような緊張感はほとんどなく、心は早くもメリーチェインに飛んでおりました(笑)

Mさんと共に再びソニックステージに降りると、次のスピリチュアライズドが始まりました。
スピ1
この写真じゃわかりにくいと思うけど、この人たち誰も客席を向いていないのです。かろうじてコーラスのお姉さんたちがこちらを向いてたけど。なんだろ、客席を無視というか拒否するようなパフォーマンス?でも不思議。音がものすごく暖かい。そんでもってサイケデリック。独特な音空間を作り上げていたなぁ・・・
スピ2
でもできればこういうフェスじゃなく、単独でしっかり聴きたい感じ。誰にでも受け入れられる音じゃないし、パフォーマンスでもない。のめりこんでがっつり聴きたい音でした。

3曲ほど聴いて、マウンテンステージに移動しました。お目当ては・・・DEVO!
やー懐かしい!てかまだ元気だったんだねDEVO!70年代からいるバンドですからねぇ、正直いって懐メロ大会だよ~(笑)
devo1
しかし、いざ音を聴いたらびっくり。懐メロなんかじゃなく現役感バリバリ!聴いても楽しくて、却って新鮮でした。メンバーほとんどまん丸に太ってたけど、演奏もヴォーカルもうま~い!お客さんも若い子が結構いて、「なんで?どうしてみんなDEVO知ってるの?」とびっくりだったけど、最近ポリシックスという日本の若手バンドにリスペクトされているため、そこからのファンが多かったのかも。
devo2
ヴォーカルのマークさん。この三角帽子はエナジー・ドームと言って、エネルギーを集めることができるとされている彼らのトレードマーク。レゴブロックのお人形みたいでかわいくて、ファンもけっこう被っていたよ。私も欲しい(笑)

DEVOは4曲ほど聴いて、お名残惜しがりながらも再びソニックに戻る。そろそろメリーチェイン(JAMC)が始まる時間だ。お客さん少なかったらどーする?リード兄弟がケンカしてたら?30分で終わっちゃったら?久々に彼らを見るMさんと、お初な私はドキドキ。

ソニックに着くと前方はもうぎっしり人が!あああしまった迂闊でした。もっと前のめりで見ようと思っていたのにねぇ(私は)。でも思いのほかお客さんが入っていて驚いた!だってみんなマリンスタジアムのトリのColdplayに行っちゃってると思ってたんだもん。ここにいる人たちはコープレよりJAMC選んでくれたんだよぉ・・・すごいね・・・うるうる・・・と、ヘンなところに感動してしまった私たち(笑)

そうこうするうちに客電が落ち、メンバーが登場!「時間通り始まったー!すごっ!!」とこれまたヘンなトコで驚きを隠せないMさん・笑。だってDEVOでさえ10分遅れてたのに、JAMCが時間厳守だなんて!そういえばそうだ、てなわけで私もびっくりさ!(笑)

jamc1
登場の瞬間はどんなだったか忘れてしまった・・・うぉぉぉ!ともりあがってはいたけど、ヴォーカルのジム・リードが写真よりもずっとカッコよくてスリムだったのに驚いた。もっとおじさんになってるかと思ったのに。声も昔と変わらない。やや鼻にかかったダークな歌声で、時々かすれるのがセクシーです。
兄貴のウィリアムは少々メタボってましたが、終始うつむいて淡々とギターを弾く姿が変わってないなぁ~と。
彼らは新作を出しているわけではないためベストヒット的なセットで、イントロが始まるたびに「おおー!あの曲だ!」と場内が盛り上がりました。特に「Just Like Honey」が盛り上がったね。デビューアルバム「サイコ・キャンディ」の曲だけど、一番知られているのがこの曲なんだね~。やはりノイズやフィードバック・ギターが未だにJAMCの代名詞なんだろうか。でも彼らの身上は親しみやすくポップなメロディにあると思う。今でもこうしてファンを惹きつけフォロワーを生んでいるのは、ノイズギターよりもメロディの魅力なんじゃないだろーか。

ジム
しかしステージの彼らは終始クール。MCもほとんどなく動きも少ない。客席を突き放しているのでは?とさえ思えるほど。しかしそこがカッコよいのだな~。これからもこのままわが道を行ってほしいです。とりあえず新作が聴きたいぞ。そしてまた来日してください。

1時間ちょいでJAMCも終わり。終了後もう一人のバニーメンファンのMさんと落ち合う。あ、またMさんだ(笑)
3人で軽く感想を述べ合った。JAMCは意外と演奏がしっかりしてたね、との事が共通意見(笑) もっとヘロヘロだと思ってたのにとか、ケンカし始めると思ってたのにとか、なんだか3人の期待(と不安)は別の方向に向いていたようだ・・(笑)
でも今、20日が経って思い返すと、一番印象に残っているのがやっぱりJAMCです。あの独特な佇まいと空気感が妙に忘れられない。すんごい良かった!ってライブではなかったけど、後からジワジワ来ています。こういうライブはずっと覚えているんだろうな・・・

そしてColdplayが終わる前に幕張を離れなきゃ!と、そそくさ帰路に。駅につく頃背後で花火が打ち上がっていた。バイバイサマソニ08。また来年も来たくなるようなアーティストが出てくれるといいな。

カテゴリー:らいぶ

サマソニ・ジザメリ・オリンピック


サマソニー!行ってきました。
感想書きたいのですが、ちょっと時間が取れません(遊んだツケで仕事が詰まった・・・
あたしにお盆休みなんてありません;;)

ちなみにわたしが観たのは
・Super Furry Animals(全部)
・Spiritualized(3曲ほど)
・DEVO(3曲ほど)
・The Jesus & Mary Chain(全部)

やーたのしかったよ!暑くてバテバテだったけど。


そして翌日8/11はメリーチェインの単独@クアトロ
これもよかった。ダルダルでどろどろ。(なんだそりゃ)
そして汗まみれ(笑)
歌ってるジムは汗かいてなさそうだった・・・終始涼しい顔。そこが素敵。


そんでもってオリンピック~!
今のところ私のツボは
・体操の内村くんの強心臓
・北島選手の涙
・バドミントンの末綱・前田組
・谷本歩実ちゃんの笑顔

なんだか一日中テレビがついてて、つい見ています^^;
今日は星野JAPAN第1戦。男子体操の個人総合。
マラソンの野口選手は残念でした・・・

とゆうわけで、なんだかわからんつぶやきになっちゃったけど
サマソニとクアトロのことは後日ちゃんと書きます。
数日まじめにはたらいてきます・・・

カテゴリー:おんがく-つぶやき

Profile

RIKI

  • Author:RIKI
  • 音楽と昼寝と甘いものが好き。
    自己紹介はこちら
    -------------------------
    ※スパムコメント防止のため、画像認証機能をつけました。お手数おかけします。
    -------------------------
    HP Tomorrow Song
    日記ブログりきにっき
    ADMIN

Twitter

Categories

Comments

openclose

Archives

All Entries

UserTagList

Links

Search This Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。